電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-20 16:20
直交補空間の性質とユニタリ変換を利用したRV-MUSIC法の改良
園山浩司松原 隆黒川恭一防衛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アレーアンテナによる到来波の到来方向推定法としてMUSIC法,ESPRIT法などがある.MUSIC法は広範囲に対してスペクトルを計算するため,大きな計算量を必要とする.Real-valued MUSIC (RV-MUSIC) 法は受信信号の相関行列の実部のみ又は虚部のみを用い,MUSIC法の半分の範囲に対してスペクトル計算をする手法であるため,MUSIC法に比べ計算量が少なく,低雑音環境であればMUSIC法と同等の推定精度である.しかし,高雑音環境下ではMUSIC法より推定精度が低くなる.そこで,RV-MUSIC法に直交補空間の性質とユニタリ変換及びUnitary-MUSICスペクトルを組み合わせることにより,計算量と推定精度においてRV-MUSIC法より優れた手法を提案する. 
(英) Direction-of-arrival (DOA) estimation with an array antenna includes MUSIC and ESPRIT. MUSIC needs big computational complexity to calculate a spectrum of the wide range of angles. Real-valued MUSIC (RV-MUSIC) is a technique calculating a spectrum for half range of MUSIC search range with only real part or only imaginary part of the covariance matrix of the array output vector, and RV-MUSIC has less computational complexity than MUSIC. Under low noise environment, the DOA estimation accuracy of RV-MUSIC is nearly equal to MUSIC. However, under high noise environment, the estimation accuracy of RV-MUSIC is lower than that of MUSIC. In this paper, a method improving RV-MUSIC is proposed. The proposed method is outstanding than RV-MUSIC about computational complexity and estimation accuracy, and the proposed method uses RV-MUSIC, property of orthogonal complement, unitary transformation, and Uniraty-MUSIC spectrum.
キーワード (和) MUSIC法 / real-valued MUSIC (RV-MUSIC) 法 / Unitary-MUSIC法 / ユニタリ変換 / 到来方向推定 / アレーアンテナ / 直交補空間 /  
(英) MUSIC / real-valued MUSIC (RV-MUSIC) / Unitary-MUSIC / Unitary transformation / direction-of-arrival (DOA) estimation / array antenna / orthogonal complement /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-42, pp. 31-36, 2016年7月.
資料番号 AP2016-42 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交補空間の性質とユニタリ変換を利用したRV-MUSIC法の改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of RV-MUSIC using Unitary Transformation and Orthogonal Complement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MUSIC法 / MUSIC  
キーワード(2)(和/英) real-valued MUSIC (RV-MUSIC) 法 / real-valued MUSIC (RV-MUSIC)  
キーワード(3)(和/英) Unitary-MUSIC法 / Unitary-MUSIC  
キーワード(4)(和/英) ユニタリ変換 / Unitary transformation  
キーワード(5)(和/英) 到来方向推定 / direction-of-arrival (DOA) estimation  
キーワード(6)(和/英) アレーアンテナ / array antenna  
キーワード(7)(和/英) 直交補空間 / orthogonal complement  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 園山 浩司 / Koji Sonoyama / ソノヤマ コウジ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 隆 / Takashi Matsubara / マツバラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 恭一 / Takakazu Kurokawa / クロカワ タカカズ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-20 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会