電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-15 16:20
HMMを用いた手話の非手指信号認識の基礎検討
加藤里奈・○酒向慎司北村 正名工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 手話は手や指の動きにより単語の意味を表す手指信号(Manual Signals)と、頭部動作や表情などによって文法や副詞を表す非手指信号(Non-Manual Signals、以下NMS)から構成される。手指信号と比較しNMSの体系化は難しく、NMSの認識に関する研究は少ない。しかし、手話文全体を理解するためには、手指信号だけでなくNMSの認識も重要である。先行研究では手話文中に出現する頭部動作4種類(頷き、顎上げ、顎下げ、首振り)の認識実験を行ったが、話者の手話経験がなかったことから、現実的な評価データとは異なっていた可能性が考えられる。本研究では手話通訳士を対象としたHMMを用いたNMSの認識を試みる。 
(英) We work on automatic Japanese sign Language (JSL) recognition using hidden Markov models (HMMs). In general, sign language consists of manual signals and non-manual signals. In this study, we focused on non-manual signal and propose a method for recognize major four kind of non-manual signal using HMM. We used a depth sensor Microsoft Kinect v2 to obtain feature parameter of head motion. We conducted a fundamental experiment to show the effectiveness of our method.
キーワード (和) 手話認識 / 隠れマルコフモデル / Kinect / 非手指信号 / / / /  
(英) sign language recognition / Non-manual signals / hidden Markov model / Kinect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 139, WIT2016-23, pp. 15-19, 2016年7月.
資料番号 WIT2016-23 
発行日 2016-07-08 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2016-07-15 - 2016-07-16 
開催地(和) 山梨大学 総合情報戦略機構 5F多目的ホール(情報メディア館5階) 
開催地(英) University of Yamanashi Organization for Information Management 
テーマ(和) 福祉情報工学,一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2016-07-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HMMを用いた手話の非手指信号認識の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study on Automatic Recognition of Non-Manual Signals in JSL using HMM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手話認識 / sign language recognition  
キーワード(2)(和/英) 隠れマルコフモデル / Non-manual signals  
キーワード(3)(和/英) Kinect / hidden Markov model  
キーワード(4)(和/英) 非手指信号 / Kinect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 里奈 / Rina Kato / カトウ リナ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒向 慎司 / Shinji Sako / サコウ シンジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 正 / Tadashi Kitamura / キタムラ タダシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-15 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2016-23 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.15-19 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WIT-2016-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会