電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 16:40
パッキングサービスにより保護されたアプリの静的判別手法を用いたAndroidマーケットの実態調査
中野弘樹楊 志勇森 博志吉岡克成松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本発表では,Androidパッカーが適用されたアプリを高精度で検知し,パッカーの種別を判別する静的判別手法を提案し,これに基づき,Android公式マーケットであるGoogle Playやサードパーティマーケットにおけるパッカー利用の実態を調査する.この結果,Google Playで公開されているアプリには,ほとんどパッカーが利用されておらず,一方,中国の3つのマーケットについては,いずれも15%~20%程度パッカーが利用されており,アプリの解析や不正な転用に対して対策が進んでいる実態が明らかになった. 
(英) In this paper, we propose a static method to identify which Android packer is used to protect an Android app. Using this method, we investigate the usage of Android packers in several Android markets. As a result, there are almost no packed apps in Google Play while about 15 to 20 % of apps in three Chinese Android Markets are packed. It indicates that Chinese app developers are more conscious of protecting their apps from reverse-engineering and repackaging.
キーワード (和) Androidパッカー / Google Play / サードパーティマーケット / / / / /  
(英) Android Packers / Google Play / Third Party Market / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 131, ICSS2016-26, pp. 71-76, 2016年7月.
資料番号 ICSS2016-26 
発行日 2016-07-07 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 中市コミュニティーホール Nac 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英) security, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2016-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パッキングサービスにより保護されたアプリの静的判別手法を用いたAndroidマーケットの実態調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Android Markets using Static Detector for Packed Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Androidパッカー / Android Packers  
キーワード(2)(和/英) Google Play / Google Play  
キーワード(3)(和/英) サードパーティマーケット / Third Party Market  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 弘樹 / Hiroki Nakano / ナカノ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楊 志勇 / Zhiyong Yang / ヨウ シユウ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 博志 / Hiroshi Mori / モリ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 克成 / Katsunari Yoshioka / ヨシオカ カツナリ
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-14 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ISEC2016-26,IEICE-SITE2016-20,IEICE-ICSS2016-26,IEICE-EMM2016-34 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.129(ISEC), no.130(SITE), no.131(ICSS), no.132(EMM) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2016-07-07,IEICE-SITE-2016-07-07,IEICE-ICSS-2016-07-07,IEICE-EMM-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会