電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-14 14:05
アーノルドの舌を呈する重区分線形回路について
レー ドゥック ヴィェト坪根 正長岡技科大)・稲葉直彦明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 発振現象を呈する非線形システムにおいてアーノルドの舌と呼ばれる同期引き込み領域がしばしば見られることはよく知られている.自律系の電気回路で見られるアーノルドの舌や分岐現象を厳密に解析した例はほとんどない.そこで,本稿では,ある自律系重区分線形回路を提案し,この回路に見られるアーノルドの舌,準周期軌道などの興味深い現象を確認した.これらはポアンカレマップを利用して,厳密に解析される. 
(英) In nonlinear systems which exhibit oscillation phenomena, it is well-known that phase-locked regions (also called as Arnold tongues) are often observed. However, the examples of theoretical analysis of Arnold tongues and bifurcation phenomena in autonomous circuit are quite rare. Therefore, in this paper, we propose an autonomous manifold piecewise-linear circuit. The Poincare map of this circuit is a explicit equation and thus can be rigorously derived. Using the Poincare map, we consider the generation and rigorous analysis of some interesting nonlinear phenomena such as quasi-periodic oscillation, Arnold tongues and bifurcation phenomena.
キーワード (和) 準周期軌道 / アーノルドの舌 / 自律系 / / / / /  
(英) Quasi-periodic oscillation / Arnold tongues / Autonomous circuit / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 86, NLP2016-30, pp. 57-60, 2016年6月.
資料番号 NLP2016-30 
発行日 2016-06-06 (NLP, CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CCS NLP  
開催期間 2016-06-13 - 2016-06-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 非線形科学,複雑性科学,一般 
テーマ(英) Nonlinear Science, Complexity Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-06-CCS-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) アーノルドの舌を呈する重区分線形回路について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Arnold tongues in Manifold Piecewise-linear Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準周期軌道 / Quasi-periodic oscillation  
キーワード(2)(和/英) アーノルドの舌 / Arnold tongues  
キーワード(3)(和/英) 自律系 / Autonomous circuit  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) レー ドゥック ヴィェト / Duc Viet Le / レー ドゥック ヴィェト
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪根 正 / Tadashi Tsubone / ツボネ タダシ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 直彦 / Naohiko Inaba / イナバ ナオヒコ
第3著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji university (略称: Meiji Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-14 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-30,IEICE-CCS2016-13 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.86(NLP), no.87(CCS) 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-06-06,IEICE-CCS-2016-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会