電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-13 13:25
開放進化系における平均場モデルによる解析
小串典子東北大)・島田 尚東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 種間の単方向相互作用に基づいて系を記述する簡単なモデルから、開放進化系の頑健性に普遍的な転移機構が存在すること示されている。系に侵入してくる新種がもつ相互作用数mが4 < m < 19の場合、系は無限に成長を続ける(発散相)。しかしこれより大きな相互作用数では系は有限サイズに留まる(有限相)。系の構造をランダムネットワークと看做した上で、系を平均場的に扱うことで、この発散相から有限相への転移点を評価した。相互作用数が増えると絶滅確率E(m)は減少するが、E(m)の減少速度はmの増加速度に比べ遅く、結果、絶滅種数の期待値mE(m)が増加関数となり、ある程度密な相互作用では系は発散相から有限相へ転移することが分かった。また、平均場モデルから推定した転移点(mc*=13)に比べ、実際にシミュレーションを行い生成した系が示す転移点(mc=18)は少し大きい。この転移点のズレは、実際にシミュレーションで生成された系における絶滅確率が低いことに起因することも分かった。 
(英) A simple model of evolving open systems with the mono-directional interaction gives a novel transition from the diverging phase to the finite phase. The system can grow in a range of 4 < m < 19, where m represents the interaction number of the new incoming elements, and it remains in a finite size in the case of m > 19. Assuming that the system is a random network, we evaluate the transition point on a basis of a mean field approach; The system is able to be described by the average values of degree and fitness of the entire system. From the mean field approach, we found that the extinction probability E(m) decreases when m increases and the decreasing speed is slower than the increasing speed of m. Thus, the expectation value of the extinction species mE(m) increases and crosses one at mc* =13. It corresponds to the transition point. Moreover, extinction probabilities which are directly observed in the systems of the mono-directional model are smaller than the estimation value from the mean field analysis. As a result of the smaller extinction probabilities, the transition point in the mono-directional model (mc =18) becomes larger than the mean field approach.
キーワード (和) 開放進化系 / 転移現象 / 平均場モデル / / / / /  
(英) Evolving open system / Transition / Mean field analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 87, CCS2016-6, pp. 21-25, 2016年6月.
資料番号 CCS2016-6 
発行日 2016-06-06 (NLP, CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CCS NLP  
開催期間 2016-06-13 - 2016-06-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 非線形科学,複雑性科学,一般 
テーマ(英) Nonlinear Science, Complexity Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2016-06-CCS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 開放進化系における平均場モデルによる解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A mean field analysis of the simple model of evolving open system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 開放進化系 / Evolving open system  
キーワード(2)(和/英) 転移現象 / Transition  
キーワード(3)(和/英) 平均場モデル / Mean field analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小串 典子 / Fumiko Ogushi / オグシ フミコ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 尚 / Takashi Shimada /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-13 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CCS 
資料番号 IEICE-NLP2016-23,IEICE-CCS2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.86(NLP), no.87(CCS) 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2016-06-06,IEICE-CCS-2016-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会