電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-27 12:10
Lorenz modelに対するExternal force controlとその安定性解析
伊藤大輔滋賀県立大)・上田哲史徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) External force control (EFC) 法はカオス制御の1つであり,任意の周期信号と系自身の情報の差分をフィードバックすることにより,系の安定化を試みる制御手法である.その中でも,特に任意の信号としてUnstable periodic orbit (UP)を用いるものを言う.これまでに,EFC法を用いて様々な成果が成されており,強い引き込み能力や即応性が示されている.一方,EFCを適用したモデルもまた同様に常微分方程式で記述されるため,これまでの非線形力学系と同様に分岐理論に関する議論が可能である.本報告では,EFC法を適用系の分岐構造を解析し,制御性能の評価手法を検討する. 
(英) An external force controller, which is one of controlling chaos methods, gives the difference between objective trajectories and target systems feedback to them, and try to stabilize a chaotic phenomenon to the objective periodic orbit. Especially, the controller using unstable periodic orbits (UPOs) as objective trajectories is called external force control (EFC) method. In previous study, the performances of it are clarified, since various experiments are achieved. On the other hand, since mathematical models with the EFC are also described as ordinary differential equations, a bifurcation theory can be applied like nonlinear dynamical equations. In this report, we clarify bifurcation structures of the target system with the EFC method, and consider the evaluation of the performance of it.
キーワード (和) EFC法 / Lorenz モデル / 分岐解析 / / / / /  
(英) EFC method / Lorenz model / Bifurcation analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 63, NLP2016-17, pp. 83-86, 2016年5月.
資料番号 NLP2016-17 
発行日 2016-05-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-05-26 - 2016-05-27 
開催地(和) 高知大学 学生会館 
開催地(英) Kochi Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Lorenz modelに対するExternal force controlとその安定性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Controlling chaos and its stability analysis for Lorenz model with external force control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EFC法 / EFC method  
キーワード(2)(和/英) Lorenz モデル / Lorenz model  
キーワード(3)(和/英) 分岐解析 / Bifurcation analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大輔 / Daisuke Ito / イトウ 大輔
第1著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
The University of Shiga Prefecture (略称: Univ. of Shiga Prefecture)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲史 / Tetsushi Ueta / ウエタ テツシ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-27 12:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-17 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会