電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-27 11:45
要求仕様化能力評価指標の提案
山本修一郎名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 要求仕様化がシステム開発に重要な成功要因であることは良く知られている.しかし,システム開発組織の要求仕様化能力を評価するための客観的な指標については,知られていない.このため,本稿では,要求仕様化能力評価指標を提案する.本指標は,要求ビジョン構築,要求コミュニケーション,要求成果物デザイン,要求プロセスデザイン,要求投資,要求人材開発からなる6次元で構成されている.本指標により,開発現場における実践的な要求仕様化能力を評価できるだけでなく,具体的な改善項目を明確化できる 
(英) It is well known that requirements specification is the critical success factor for developing information systems. However, the quantitative index to evaluate the requirements specification capability of the system development organizations has not been known. This paper proposes a requirements specification capability index to evaluation on the information system development organizations. The requirements specification capability index is defined based on the 6 dimensions, that are requirements vision development, requirements communication, requirements product design, requirements process design, requirements investment, and requirements human resource development. The proposed capability index can also be applied to improve the requirements specification activities from the 6 dimensions.
キーワード (和) 要求仕様化 / 能力評価指標 / 定量評価 / / / / /  
(英) Requirements Specification / Capability Index / Quantitative evaluation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 67, KBSE2016-4, pp. 19-24, 2016年5月.
資料番号 KBSE2016-4 
発行日 2016-05-19 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2016-05-26 - 2016-05-27 
開催地(和) 同志社大学 東京オフィス 
開催地(英) Doshisha Univ. Tokyo Branch Office 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2016-05-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 要求仕様化能力評価指標の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal on Requirements Specification Capability Index 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 要求仕様化 / Requirements Specification  
キーワード(2)(和/英) 能力評価指標 / Capability Index  
キーワード(3)(和/英) 定量評価 / Quantitative evaluation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto /
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-27 11:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2016-4 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.67 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2016-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会