電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-26 14:50
シグモイド関数の傾きを減少させたフィードフォワードニューラルネットワークにおけるバックプロパゲーション
橘高新三郎上手洋子西尾芳文徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 私達の研究の目的はフィードフォワードニューラルネットワークの学習法であるバックプロパゲーション における学習の誤差の減少である. バックプロパゲーションでの学習において誤差を減らす方法として, 学習係数の変 更やモーメント項の追加などがあげられる. 私達はシグモイド関数に注目して誤差の減少を行った. シグモイド関数は フィードフォワードニューラルネットワークのニューロンに入力された信号を出力信号に変換する時と, ニューロン 間の重みの調整時に使われる関数である. 私達はシグモイド関数の傾きを時間的に変化させ, その効果を調査した. 
(英) Our study is about the learning method of feed-forward neural network. Generally, the method of improvingitslearningisfocusedonlearningrateandmomentterm. Wefocusonsigmoidfunctions. Sigmoidfunctions are used for converting input signal into output signal and adjusting connection weight of learning in feed-forward neural network. We change gradient of sigmoid functions and investigate the effect of our method.
キーワード (和) ニューラルネットワーク / フィードフォワードニューラルネットワーク / シグモイド関数 / バックプロパゲーション / / / /  
(英) Neural Network / Feed-Forward Neural Network / Sigmoid functions / Back propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 63, NLP2016-5, pp. 25-28, 2016年5月.
資料番号 NLP2016-5 
発行日 2016-05-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-05-26 - 2016-05-27 
開催地(和) 高知大学 学生会館 
開催地(英) Kochi Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シグモイド関数の傾きを減少させたフィードフォワードニューラルネットワークにおけるバックプロパゲーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Decreasing Gradient of Sigmoid Functions in Back Propagation of Feed-Forward Neural Netowork 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Network  
キーワード(2)(和/英) フィードフォワードニューラルネットワーク / Feed-Forward Neural Network  
キーワード(3)(和/英) シグモイド関数 / Sigmoid functions  
キーワード(4)(和/英) バックプロパゲーション / Back propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘高 新三郎 / Shinaburo Kittaka / キッタカ シンサブロウ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Nishio Yoshihumi / ニシオ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-26 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-5 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会