電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-26 13:50
2箇所のEVカーシェアリング基地に蓄積されるエネルギー均一化制御法の提案と性能比較
泉 祐介阪府大)・伊藤 章デンソー)・吉田晃基杉谷栄規小西啓治原 尚之阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,出発地付近の基地で電気自動車を借り,目的地付近の基地へ返却するカーシェアリングシステムが普及しつつある.このシステムでは,複数の基地が地域内に設営されており,各基地には,電気自動車を充電する太陽電池が設けられている.しかし,基地によっては発電量と電気自動車の利用頻度に差異が生じ,その結果として各基地に備蓄されるエネルギーの総量が偏る.先行研究 [泉 他, 信学会総合大会, 2016] では,この偏りを解消する PI 制御法を提案した.本報告では,直感的に理解しやすい3種類の制御法と,このPI制御法との性能を比較する.その結果,全ての指標において,PI制御法が有利であることを示す. 
(英) In recent years, considerable attention has been paid to a car-sharing system, in which a user hires a small electronic vehicle from a station and returns it to another station. This system has a crucial problem: energies stored in a battery installed on each station and in EVs' batteries are unbalanced among stations. Our previous study [Izumi {it et al}., IEICE General Conference, 2016] proposed a uniformity control scheme based on PI control. This report provides other three intuitive schemes, and compares them to our PI control scheme. The performance comparison states that our PI control scheme has advantages in several performance indexes.
キーワード (和) カーシェアリング / 電気自動車 / PI 制御 / 遅延微分方程式 / / / /  
(英) car-sharing system / electronic vehicle / PI control / delay differential equation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 63, NLP2016-3, pp. 13-18, 2016年5月.
資料番号 NLP2016-3 
発行日 2016-05-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-05-26 - 2016-05-27 
開催地(和) 高知大学 学生会館 
開催地(英) Kochi Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2箇所のEVカーシェアリング基地に蓄積されるエネルギー均一化制御法の提案と性能比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Schemes for controlling unbalanced energy stored in a pair of EV car-sharing stations and their performance comparison 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カーシェアリング / car-sharing system  
キーワード(2)(和/英) 電気自動車 / electronic vehicle  
キーワード(3)(和/英) PI 制御 / PI control  
キーワード(4)(和/英) 遅延微分方程式 / delay differential equation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 祐介 / Yuusuke Izumi / イズミ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 章 / Akira Itou / イトウ アキラ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 デンソー 技術開発センター (略称: デンソー)
Engineering R&D Center, DENSO CORPORATION (略称: DENSO CORPORATION)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 晃基 / Koki Yoshida / ヨシダ コウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉谷 栄規 / Yoshiki Sugitani / スギタニ ヨシキ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第5著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 尚之 / Naoyuki Hara /
第6著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-26 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-3 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2016-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会