電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-26 15:15
雌のパラメータを変化させたときのホタルアルゴリズム
武内将希徳島大)・松下春奈香川大)・上手洋子西尾芳文徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 私達は,ホタルの性別を区別した雌雄区別型ホタルアルゴリズム~(FADMF)を提案した. 従来のホタルアルゴリズム~(FA)において,すべてのホタルの性別は区別しない. しかし,現実において多様性を持つことは非常に重要な意味を持つ.最適化問題を解く上でも,多様な個体が存在することで多様な解を生み出し,ホタルが局所解に陥ることを防ぐ効果があると考えられる.そこで私達は,性別を区別することで従来のFAに多様性を持たせた.本報告では,$8$個の最適化ベンチマーク関数に適用し,従来のFAと比較することで,提案手法の有用性を確認する.特に,群全体に対する雌の比率と雌の$2$つのパラメータに注目する. 
(英) We have proposed Firefly Algorithm Distinguishing between Males and Females. It is important to have a diversity in various fields. This proposed algorithm exists together with male and female fireflies. The movements of males and females are different each other. These difference is inspired from the physical differences. In this study, we compare our proposed algorithm to the conventional Firefly Algorithm by using $8$ composition functions of Congress on Evolutionary Computation 2013.
キーワード (和) ホタルアルゴリズム / 群知能 / 最適化問題 / 多様性 / / / /  
(英) Firefly Algorithm / swarm intelligence / optimization / diversity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 63, NLP2016-6, pp. 29-32, 2016年5月.
資料番号 NLP2016-6 
発行日 2016-05-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-05-26 - 2016-05-27 
開催地(和) 高知大学 学生会館 
開催地(英) Kochi Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 雌のパラメータを変化させたときのホタルアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Firefly Algorithm Changing Parameters of Females 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホタルアルゴリズム / Firefly Algorithm  
キーワード(2)(和/英) 群知能 / swarm intelligence  
キーワード(3)(和/英) 最適化問題 / optimization  
キーワード(4)(和/英) 多様性 / diversity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武内 将希 / Masaki Takeuchi / タケウチ マサキ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 春奈 / Haruna Matsushita / マツシタ ハルナ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa Univerisity (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-26 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会