電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-20 14:15
誘電体基板上に印刷した逆L素子で構成した2×2MIMOアンテナ
森 翔司田口光雄長崎大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 長方形誘電体基板上に,コプレーナ線路で形成した逆L素子2個を配置した2×2 MIMOアンテナを提案し, 数値解析を行っている. 厚さ3 mm, 比誘電率2.6, 誘電正接0.0022の誘電体基板を用いている. 誘電体基板の大きさを41.5 mm×40 mm, アンテナ間の距離を36.1mmとするとき, 2.41 GHz~2.49 GHzでS11特性は-10 dB以下となった.S21特性は-20dB以下, 相関係数は0.005以下となった.2.45GHzで指向性利得3.23dBiを得た. 数値解析には, モーメント法に基づく電磁界シミュレータWIPL-Dを使用した. 
(英) Two by two MIMO antenna composed of two inverted L antennas is proposed and numerically analyzed. This antenna is numerically analyzed. Inverted L antenna formed by coplanar waveguide is printed on the dielectric substrate. The thickness of dielectric substrate is 3 mm, its relative permittivity is 2.6 and the loss tangent is 0.0022. When the size of dielectric substrate is 41.5 mm by 40 mm, the S11 less than -10dB is satisfied from 2.41GHz to 2.49GHz. The distance between two antennas is 36.1 mm. The S21 less than -20 dB and the correlation coefficient less than 0.005 are satisfied in 2.4GHz to 2.5GHz. The calculated directivity is 3.23 dBi at 2.45 GHz. In the numerical analysis, the electromagnetic simulator WIPL-D based on the Method of Moments is used.
キーワード (和) MIMOアンテナ / 逆Lアンテナ / コプレーナ線路 / モーメント法 / WIPL-D / / /  
(英) MIMO antenna / Inverted L antenna / Coplanar Waveguide / Method of Moments / WIPL-D / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 43, AP2016-27, pp. 61-64, 2016年5月.
資料番号 AP2016-27 
発行日 2016-05-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) kobe Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誘電体基板上に印刷した逆L素子で構成した2×2MIMOアンテナ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Two by Two MIMO Antenna Composed of Unbalanced Fed Inverted L Elements Printed on Dielectric Substrate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOアンテナ / MIMO antenna  
キーワード(2)(和/英) 逆Lアンテナ / Inverted L antenna  
キーワード(3)(和/英) コプレーナ線路 / Coplanar Waveguide  
キーワード(4)(和/英) モーメント法 / Method of Moments  
キーワード(5)(和/英) WIPL-D / WIPL-D  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 翔司 / Shoji Mori / モリ ショウジ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 光雄 / Mitsuo Taguchi / タグチ ミツオ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-20 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-27 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会