電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 14:50
Ku帯衛星回線の降雨減衰統計の長期間年変動特性について
前川泰之三浦秀美阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 1988年から2016年にかけて大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)において28年間測定されたKu帯衛星電波の降雨減衰特性について累積時間率分布等の長期統計結果を算出し、ITU-R勧告による予測値等との比較検討を行った。2006年までの約20年間の降雨減衰の長期統計に関しては、同勧告による降雨強度0.01%を用いた予測値とよい一致が見られ、各年の0.01%値には約20%程度の変動があることが分かった。この変動は降雨強度の年変動の他に、雨域等価通路長の年毎の変動も大きく関与しており、5月から10月にかけての降雨時の平均地上気温が高い年ほど雨域等価通路長が長くなる傾向が見られた。しかし、雨域等価通路長の増加は単に地上気温の上昇に伴う降雨高度の増加だけでは容易に説明できず、夏季に発生する夕立や台風等の熱帯性降雨による降雨減衰の年間発生時間率と密接な関係があることが分かった。また2006年以降の最近10年間は、雨域等価通路長がさらに増加傾向にあるが、このことはむしろ降雨時の地上平均気温が各年とも全般的に上昇していることに起因するといえる。 
(英) The long-term rain attenuation statistics of cumulative time percentages are obtained from Ku band satellite signal observations conducted at Osaka Electro-Communication University in Neyagawa, Osaka, from 1988 to 2016. The long-term statistics for about 20 years up to 2006 are in very good agreement with the recent ITU-R predictions obtained from the 0.01% rainfall rate, and their 0.01% values indicate fairly large yearly variations which amount to about 20% of each value. Besides the yearly rainfall rate statistics, these variations seem to be caused by those of the equivalent rain path length at each year, which becomes longer as the average ground temperature at rain time from May to October becomes higher. However, the increase of the equivalent rain path length is not simply explained in term of the rise of rain height proportional to the ground temperature, but rather related to the occurrence of rain attenuation due to tropical-type rainfall such as shower and typhoon in summer time. Also, the equivalent path length tends to increase further for the last 10 years since 2006, and this tendency seems to be related to the overall increase of the average ground temperature at rain time in each year.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰 / 降雨強度 / Ku帯 / 長期統計 / 雨域等価通路長 / /  
(英) Satellite communications / Rain attenuation / Rainfall rate / Ku-band / Long-term statistics / Equivalent path length / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 43, AP2016-20, pp. 23-26, 2016年5月.
資料番号 AP2016-20 
発行日 2016-05-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) kobe Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ku帯衛星回線の降雨減衰統計の長期間年変動特性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Long-term Yearly Variation of Rain Attenuation Statistics in Ku-Band Satellite Communications Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(3)(和/英) 降雨強度 / Rainfall rate  
キーワード(4)(和/英) Ku帯 / Ku-band  
キーワード(5)(和/英) 長期統計 / Long-term statistics  
キーワード(6)(和/英) 雨域等価通路長 / Equivalent path length  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Commun. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 秀美 / Hidemi Miura / ミウラ ヒデミ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Commun. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会