電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-11 09:00
3次元MIMO-OTA評価装置を用いたMIMO伝送容量を測定するためのキャリブレーション方法
本田和博表 航平壁谷俊彦狩谷健登李 鯤小川晃一富山大)・小柳芳雄佐藤 浩三浦 律パナソニック
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,開発した3次元MIMO-OTA評価装置を用いてMIMO伝送容量を測定するためのキャリブレーション方法を提案する.まず,製作した3次元MIMO-OTA評価装置の構成について述べる.次に,リファレンスレベルと伝搬環境を設定するためのキャリブレーション方法を提案する.提案手法の妥当性を検証するため,2×2,4×4および8×8MIMO伝送容量の測定実験を行った結果,MIMO伝送容量は高い精度で測定できることが明らかとなった.この結果より,提案するキャリブレーション方法が正しいことを実証した. 
(英) This paper presents a calibration method for measuring the channel capacity using a three-dimensional MIMO-OTA evaluation apparatus. First, the structure of the developed three-dimensional MIMO-OTA evaluation apparatus is described. Then, the calibration method for the reference level measurement and propagation environment is introduced. To verify the validity of the proposed method, experimental measurements of 2×2, 4×4, and 8×8 MIMO channel capacity were carried out. The results show that the measured results have a high accuracy compared with the analytical outcomes calculated by Monte Carlo simulation, demonstrating that the calibration method for measuring the channel capacity using the MIMO-OTA apparatus is confirmed to be valid.
キーワード (和) 3次元フェージングエミュレータ / MIMO-OTA / キャリブレーション / 伝送容量 / / / /  
(英) Three-Dimensional Fading Emulator / MIMO-OTA / Calibration / Channel Capacity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 506, AP2015-215, pp. 63-68, 2016年3月.
資料番号 AP2015-215 
発行日 2016-03-03 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 石和温泉(かんぽの宿) 
開催地(英) Isawa Onsen (Kanpo no Yado) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元MIMO-OTA評価装置を用いたMIMO伝送容量を測定するためのキャリブレーション方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Calibration Method for Measuring the MIMO Channel Capacity using the Three-Dimensional MIMO-OTA Evaluation Apparatus 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元フェージングエミュレータ / Three-Dimensional Fading Emulator  
キーワード(2)(和/英) MIMO-OTA / MIMO-OTA  
キーワード(3)(和/英) キャリブレーション / Calibration  
キーワード(4)(和/英) 伝送容量 / Channel Capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 和博 / Kazuhiro Honda / ホンダ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 航平 / Kohei Omote / オモテ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 壁谷 俊彦 / Toshihiko Kabeya / カベヤ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 狩谷 健登 / Kento Karitani / カリタニ ケント
第4著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 鯤 / Kun Li / リ コン
第5著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 晃一 / Koichi Ogawa / オガワ コウイチ
第6著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小柳 芳雄 / Yoshio Koyanagi / コヤナギ ヨシオ
第7著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 浩 / Hiroshi Sato / サトウ ヒロシ
第8著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 律 / Ritsu Miura / ミウラ リツ
第9著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-11 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-215 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会