電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-11 11:25
Experimental Study on Linear Array Switched Antenna for WiMAX
Julian WebberSatoshi TsukamotoTakahiro MaedaTomoaki KumagaiATR)・Shinichiro YamamotoSatoru AikawaHyogo Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) The communication channel between a base-station transmitter and train mounted receiver suffers from rapid and deep fading due to the large Doppler spread at high speeds. In order to reduce this fading a linear array antenna has been proposed whose elements switch in the reverse direction of train motion. By matching the switching frequency to the trains speed the channel on the selected antennas are momentarily fixed to the same ground-point. A software model of the switching process is made in order to study the time-varying phase response. A scale-model experiment is conducted consisting of a linear track with train mounted array and, by appropriate scaling of the Tx symbol rate, virtual fading rates up to 360 km/h are created. A software simulation based on the WiMAX physical layer parameters is developed and performance is shown to improve by up to 1.7 dB at bit error rate (BER) 5E-3 at 360 km/h. 
(英) The communication channel between a base-station transmitter and train mounted receiver suffers from rapid and deep fading due to the large Doppler spread at high speeds. In order to reduce this fading a linear array antenna has been proposed whose elements switch in the reverse direction of train motion. By matching the switching frequency to the trains speed the channel on the selected antennas are momentarily fixed to the same ground-point. A software model of the switching process is made in order to study the time-varying phase response. A scale-model experiment is conducted consisting of a linear track with train mounted array and, by appropriate scaling of the Tx symbol rate, virtual fading rates up to 360 km/h are created. A software simulation based on the WiMAX physical layer parameters is developed and performance is shown to improve by up to 1.7 dB at bit error rate (BER) 5E-3 at 360 km/h.
キーワード (和) Linear array antenna / Fast fading / Antenna switching / OFDM / / Experiment / WiMAX /  
(英) Linear array antenna / Fast fading / Antenna switching / OFDM / / Experiment / WiMAX /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 506, AP2015-220, pp. 91-95, 2016年3月.
資料番号 AP2015-220 
発行日 2016-03-03 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 石和温泉(かんぽの宿) 
開催地(英) Isawa Onsen (Kanpo no Yado) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-03-AP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study on Linear Array Switched Antenna for WiMAX 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Linear array antenna / Linear array antenna  
キーワード(2)(和/英) Fast fading / Fast fading  
キーワード(3)(和/英) Antenna switching / Antenna switching  
キーワード(4)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) Experiment / Experiment  
キーワード(7)(和/英) WiMAX / WiMAX  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Julian Webber / Julian Webber /
第1著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Satoshi Tsukamoto / Satoshi Tsukamoto /
第2著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Takahiro Maeda / Takahiro Maeda /
第3著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Kumagai / Tomoaki Kumagai /
第4著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Shinichiro Yamamoto / Shinichiro Yamamoto /
第5著者 所属(和/英) University of Hyogo (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Satoru Aikawa / Satoru Aikawa /
第6著者 所属(和/英) University of Hyogo (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-11 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-220 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.91-95 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2016-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会