電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 15:35
送信コイルと同サイズの無給電コイルを近接配置した時の無給電コイル位置に対する電力伝送特性
高橋直矢黒川隼也長 敬三中林寛暁千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,MITの研究チームの電力伝送実験をきっかけに,高効率かつ長距離に無線電力伝送が可能な方式として共鳴方式による無線電力伝送が注目されている.共鳴方式による無線電力伝送では,電力の送受信に用いるコイルが正対しないと電力伝送効率が劣化するという課題がある.本稿では,送信コイルと同じ大きさの2つの無給電コイルを対称に送信コイルに近接配置したときの,無給電コイル間隔と受信コイル位置に伴う伝送効率の変動について解析と測定による検討を行った.その結果,送信コイルに無給電コイルを近接配置させることで受信コイルの位置ずれに伴う伝送効率の劣化を改善できることを明らかにした. 
(英) Wireless power transmission using a resonance method has received much attention triggered by the MIT’s experiment, because the method can transmit power wirelessly with high efficiency to the long-distance. Wireless power transmission using a resonance method, has a problem that transmission efficiency is degraded when RX coil is displaced from TX coil. In this paper, we propose the configuration closely placing two parasitic coils to the TX coil. The size of the parasitic coil is identical to the TX coil. We investigate the transmission efficiency depending on the distance between parasitic coils and on the RX coil position by the analysis and measurement. The result reveal that the proposed configuration can improve transmission efficiency when RX coil is displaced.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 共鳴方式 / 位置ずれ / 無給電コイル / 伝送効率 / / /  
(英) Wireless Power Transmission / Resonance Method / Position Gap / Parasitic Coil / Transmission Efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 506, AP2015-213, pp. 53-56, 2016年3月.
資料番号 AP2015-213 
発行日 2016-03-03 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 石和温泉(かんぽの宿) 
開催地(英) Isawa Onsen (Kanpo no Yado) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 送信コイルと同サイズの無給電コイルを近接配置した時の無給電コイル位置に対する電力伝送特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Power Transfer Characteristics Depending on Parasitic Coil Arrangement Closely Placed to TX Coil Using Identical Coil Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Power Transmission  
キーワード(2)(和/英) 共鳴方式 / Resonance Method  
キーワード(3)(和/英) 位置ずれ / Position Gap  
キーワード(4)(和/英) 無給電コイル / Parasitic Coil  
キーワード(5)(和/英) 伝送効率 / Transmission Efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 直矢 / Naoya Takahashi / タカハシ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 隼也 / Junya Kurokawa / クロカワ ジュンヤ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長 敬三 / Keizo Cho / チョウ ケイゾウ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi / ナカバヤシ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-10 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-213 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2016-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会