電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 14:00
マルウェア感染ホストが生成する通信の弁別手法
水野 翔畑田充弘森 達哉後藤滋樹早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルウェアがもたらす脅威は依然として顕著である.PC やスマートフォン等の端末をマルウェアの被害から保護するためには,未然に感染を防ぐゃことが最重要である.しかし,アンチウイルスソフト等の対応が追いつかずに感染を許してしまう場合も少なくない.そのような場合,二次被害を防ぐ,ための対処を早期に行う必要がある.本研究の目的はインターネットバックボーンで観測される大量の通信データを分析し,マルウェアに感染している端末を検知することである.そのようなシステムを実現するために軽量で高精度な検知手法を提案する.主要なアイデアは HTTP パケットのヘッダ値に記録された様々な情報に機械学習を適用し,悪性通信と良性通信を弁別することにある.実データを用いた評価の結果,マルウェア感染ホストが生成する通信を最大で 97.2%の精度で検知可能であること,弁別に必要な特徴量を減じることが可能であることを示した. 
(英) Damage caused by malware has been a significant problem that need to be addressed. In order to protect PC or smartphone devices from such threats, it is crucial to prevent malware infection before it happens. However, since there are no perfect solutions that satisfy such requirement, e.g., zero-day attacks and/or social engineering techniques, it is always the case that vulnerable devices are infected with new malware. Next thing we can do is to detect such infected hosts as soon as possible. In this work, we propose a novel, lightweight system that aims to identify devices that are likely infected with malware. The system analyses Internet backbone traffic and detect traffic attributed to malware communication. Our key idea is to make use of various information recorded in HTTP headers and apply a machine learning algorithm to classify observed HTTP headers into two classes: legitimate and malicious. Throughout experiments, we demonstrate our methodology can achieve up to 97.2% of accuracy in detecting malicious traffic. We also demonstrate that by adopting feature selection technique and sparse learning algorithm with L1 regularization, we can drastically reduce the number of features needed to train our classifier; hence the system can be lightweight.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 488, ICSS2015-66, pp. 117-122, 2016年3月.
資料番号 ICSS2015-66 
発行日 2016-02-25 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 
開催地(英) Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University 
テーマ(和) 情報通信システムセキュリティ、一般 
テーマ(英) Information and Communication System Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2016-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルウェア感染ホストが生成する通信の弁別手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discrimination of communication traffic generated by malware-infected hosts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 翔 / Sho Mizuno / ミズノ ショウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑田 充弘 / Mitsuhiro Hatada / ハタダ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達哉 / Tatsuya Mori / モリ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 滋樹 / Shigeki Goto / ゴトウ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2015-66 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.117-122 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会