電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 15:15
FRT-Skip Graph:柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ
北條真史東工大)・坂野遼平NTT)・首藤一幸東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ノード群による自律分散的なネットワーク構築や,他ノードやデータの検索を実現する構造化オーバレイ技術のひとつに,Skip Graphがある.
Skip Graphは,データ構造のひとつであるSkip List構造に基づくネットワーク構築を行い,キーと呼ばれる属性に対する範囲検索を可能とする構造化オーバレイである.
Skip Graphは乱数に基づく経路表構築を行うが,乱数の偏りによって経路表エントリを有効に活用できず,経路長が理想より増加する問題点がある.
そこで我々は,Skip Graphの問題点を解決し,さらにSkip Graphにはない特長を備える新たな構造化オーバレイFRT-Skip Graphを提案する.
提案手法は,柔軟な経路表に基づき設計された構造化オーバレイであり,Skip Graphと同様に範囲検索を可能とする.
また,柔軟な経路表に基づく設計に由来する,経路表サイズの動的調整可能性や高い拡張性といった特長を備える. 
(英) Structured overlays can perform to construct a network autonomously by a number of nodes and to search other nodes and data.
Skip Graph, one of the structured overlays, constructs an overlay network based on Skip List structure and supports range queries for keys.
Skip Graph manages routing tables based on random digits; therefore, the deviation of them disturbs effective utilization of the routing table entries and increases path length than the ideal value.
We therefore propose FRT-Skip Graph, a novel structured overlay that solves the issues of Skip Graph and provides desirable features not in Skip Graph.
FRT-Skip Graph is designed based on Flexible Routing Tables and supports range queries similarly to Skip Graph.
Furthermore, it provides features derived from FRT, namely, dynamic routing table size and high extensibility.
キーワード (和) Peer-to-Peer / 構造化オーバレイ / Skip Graph / / / / /  
(英) Peer-to-Peer / Structured Overlay / Skip Graph / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 482, IA2015-95, pp. 97-102, 2016年3月.
資料番号 IA2015-95 
発行日 2016-02-25 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) 
開催地(英) Nijino-Matsubara Hotel (Karatsu-shi, Saga-prefecture) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FRT-Skip Graph:柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FRT-Skip Graph: A Skip Graph-Style Strucutred Overlay based on Flexible Routing Tables 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Peer-to-Peer / Peer-to-Peer  
キーワード(2)(和/英) 構造化オーバレイ / Structured Overlay  
キーワード(3)(和/英) Skip Graph / Skip Graph  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北條 真史 / Masashi Hojo / ホウジョウ マサシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 遼平 / Ryohei Banno / バンノ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 一幸 / Kazuyuki Shudo / シュドウ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2015-63,IEICE-IA2015-95 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.481(SITE), no.482(IA) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2016-02-25,IEICE-IA-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会