電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 15:40
Self-Refining Skip Graph:理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ
川口峻史坂野遼平北條真史首藤一幸東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 構造化オーバレイでは,数学的・論理的な構造を持ったネットワークを構築する.構造化オーバレイの一つであるSkip Graphでは,ノードそれぞれに割り当てられるmembership vectorに基づいてノードの挿入や離脱の際に他ノードとリンクを張り経路表構築を行う.しかしながら,membership vectorは乱数によって決まるため,理想から離れたトポロジのネットワークが形成され,経路長は悪化することが多い.そこで,我々は理想的なSkip Graphのトポロジに向けて各ノードが自律分散的に経路表を洗練し,トポロジを改良する構造化オーバレイSelf-Refining Skip Graphを提案する.提案手法は,membership vectorが持つロバスト性を保ちつつ,理想的なトポロジに近づくことによって,より効率の良いルーティングが可能である. 
(英) Structured overlays construct mathematical and logical structural networks. In Skip Graph, one of structured overlays, each node constructs its routing table by establishing or disconnecting links to other nodes based on its membership vector when a node joins or leaves. However, membership vectors are determined randomly, so nodes don't always compose an ideal topology of the network. This causes route lengths to be worse. Therefore, we propose Self-Refining Skip Graph, a structured overlay where each node refines its routing table for an ideal topology of Skip Graph. The proposed method provides more efficient routings by approaching to an ideal topology while keeping the robustness caused by membership vectors.
キーワード (和) Peer-to-Peer / 構造化オーバレイ / Skip Graph / membership vector / / / /  
(英) Peer-to-Peer / Structured Overlay / Skip Graph / membership vector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 482, IA2015-96, pp. 103-108, 2016年3月.
資料番号 IA2015-96 
発行日 2016-02-25 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) 
開催地(英) Nijino-Matsubara Hotel (Karatsu-shi, Saga-prefecture) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Self-Refining Skip Graph:理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Refining Skip Graph: A Structured Overlay Approaching to Ideal Skip Graph 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Peer-to-Peer / Peer-to-Peer  
キーワード(2)(和/英) 構造化オーバレイ / Structured Overlay  
キーワード(3)(和/英) Skip Graph / Skip Graph  
キーワード(4)(和/英) membership vector / membership vector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 峻史 / Takafumi Kawaguchi / カワグチ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 遼平 / Ryohei Banno / バンノ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北條 真史 / Masashi Hojo / ホウジョウ マサシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 一幸 / Kazuyuki Shudo / シュドウ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2015-64,IEICE-IA2015-96 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.481(SITE), no.482(IA) 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2016-02-25,IEICE-IA-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会