電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-04 13:30
トピックモデルを用いた自由記述アンケートの要約
大田祐輔服部隆志萩野達也慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 企業や教育機関など様々な場面で自由記述式アンケートが実施されている.最近では,インターネットを通じたアンケートも多く実施されている.自由記述式アンケートは,選択式アンケートに比べて,回答者から具体的な意見を得られるが,分析者に多大な手間や負担がかかる.本研究では,自由記述式アンケートを自動的に要約することを目的とし,アンケート全体をシステムが選択したいくつかの意見で代表するための手法を提案する. 
(英) Free description questionnaires are often conducted by many companies and educational institutions in various situations, and some are done through the Internet. The problem of free description questionnaires is that it takes huge labor and burden for analysts to analyze the opinions comparing with choice questionnaires. In this study, we propose an automatic summarizing system for free description questionnaires by using Topic model. It picks up a small set of opinions which summarize the whole opinions.
キーワード (和) トピックモデル / 自由記述アンケート / 自動要約 / / / / /  
(英) Topic Model / Free Description Questionnaire / Automatic Summarization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 347, NLC2015-43, pp. 87-91, 2015年12月.
資料番号 NLC2015-43 
発行日 2015-11-26 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP  
開催期間 2015-12-02 - 2015-12-04 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst of Tech. 
テーマ(和) 第2回自然言語処理シンポジウム & 第17回音声言語シンポジウム 
テーマ(英) The Second Natural Language Processing Symposium & The 17th Spoken Language Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2015-12-NLC-NL-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トピックモデルを用いた自由記述アンケートの要約 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Summarization of Free Description Questionnaires Using Topic Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トピックモデル / Topic Model  
キーワード(2)(和/英) 自由記述アンケート / Free Description Questionnaire  
キーワード(3)(和/英) 自動要約 / Automatic Summarization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 祐輔 / Yusuke Ota / オオタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 隆志 / Takashi Hattori / ハットリ タカシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩野 達也 / Tatsuya Hagino / ハギノ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-04 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2015-43 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 pp.87-91 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLC-2015-11-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会