電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-03 16:15
[依頼講演]国際会議報告 EMNLP 2015 (3) 〜 形態素解析における近年の傾向 〜
森田 一京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では EMNLP2015 で発表された研究のうち,形態素解析および単語分割に関する研究について紹介する.近年, 形態素解析は特に中国語の分野で活発に研究が行われており,また Recurrent Neural Network (RNN) や Long Short-Term Memory (LSTM) などの,深層学習を利用したモデルも数多く提案されてきている.本報告では,EMNLP2015 で発表された形態素解析に関する研究発表全体の傾向と,そのうちいくつかの研究発表について紹 介する. 
(英) This report introduces recent trends of morphological analysis and word segmentation in Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP2015). In recent years, Chinese morphological analysis has been widely studied. A lot of researches investigate models using Deep Learning, such as Recurrent Neural Network (RNN) and Long Short-Term Memory (LSTM). In this report, I will introduce the trends and some research presentations about morphological analysis in EMNLP2015.
キーワード (和) 形態素解析 / Word Segmentation / Recurrent Neural Network / Long Short-Term Memory / / / /  
(英) Morphological Analysis / Word Segmentation / Recurrent Neural Network / Long Short-Term Memory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 347, NLC2015-40, pp. 43-43, 2015年12月.
資料番号 NLC2015-40 
発行日 2015-11-26 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP  
開催期間 2015-12-02 - 2015-12-04 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst of Tech. 
テーマ(和) 第2回自然言語処理シンポジウム & 第17回音声言語シンポジウム 
テーマ(英) The Second Natural Language Processing Symposium & The 17th Spoken Language Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2015-12-NLC-NL-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 国際会議報告 EMNLP 2015 (3) 
サブタイトル(和) 形態素解析における近年の傾向 
タイトル(英) EMNLP 2015 Report (3) 
サブタイトル(英) Recent Trends of Morphological Analysis 
キーワード(1)(和/英) 形態素解析 / Morphological Analysis  
キーワード(2)(和/英) Word Segmentation / Word Segmentation  
キーワード(3)(和/英) Recurrent Neural Network / Recurrent Neural Network  
キーワード(4)(和/英) Long Short-Term Memory / Long Short-Term Memory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 一 / Hajime Morita / モリタ ハジメ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-03 16:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2015-40 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 p.43 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NLC-2015-11-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会