電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-02 10:25
制約付きThree-Way Restricted Boltzmann Machineを用いた音響・音韻・話者情報の同時モデリング
中鹿 亘電通大)・滝口哲也神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,音響特徴量・音韻特徴量・話者特徴量の3つを変数とするThree-Way Restricted Boltzmann Machine (3WRBM)を用いて音声モデリングを試みる.3WRBMはそれぞれの変数のユーナリーポテンシャル,2変数間のペアワイズポテンシャル,そして3変数間のThree-wayポテンシャルを総和したエネルギーに基づく確率密度関数である.本研究では,音響・音韻・話者特徴量のThree-wayポテンシャルを話者正規化学習・話者適応の観点から適切に設計する. 一度モデルの学習が終われば3変数間の関係性が捉えられ,各特徴量の相互条件付確率を簡単に計算することができる. 3WRBMによる音声モデリングの性能を評価するために,本稿では声質変換実験と話者認識実験の結果を報告する. 話者認識実験における話者特徴量は与えられた音響特徴量から尤度最大下基準により推定することで求めることができ,声質変換は,推定された音韻情報と,切り替えた話者情報から音響特徴量を推定することで実現される. 
(英) In this paper, we argue the way of modelling speech signals using improved three-way restricted Boltzmann machine (3WRBM) where acoustic features, latent phonological features, and speaker-identity features are considered. The 3WRBM is an energy-based probabilistic model that includes three kinds of potentials: unary potentials of each variable, pairwise potentials of every two variables, and three-way potentials of the three variables. In our approach, we design the three-way potentials properly in the speaker-adaptive training (SAT) manner. The optimized model captures the relationships between the variables, enables to compute conditional probabilities of each variables, and is appliable to many tasks in speech signal processing. For example, estimating speaker-identity features given acoustic features is used for speaker recognition. Another example is estimating acoustic features from the phonological features that are estimated given source speaker's acoustic features and the desired speaker-identity features; that is voice conversion. In our experiments, we evaluate the effectiveness of the speech modelling through a voice conversion task and a speaker recognition task.
キーワード (和) 音声モデリング / Restricted Boltzmann machine / 話者正規化学習 / 話者認識 / 声質変換 / / /  
(英) speech modelling / restricted Boltzmann machine / speaker-adaptive training / speaker recognition / voice conversion / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 346, SP2015-71, pp. 7-12, 2015年12月.
資料番号 SP2015-71 
発行日 2015-11-25 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP  
開催期間 2015-12-02 - 2015-12-04 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst of Tech. 
テーマ(和) 第2回自然言語処理シンポジウム & 第17回音声言語シンポジウム 
テーマ(英) The Second Natural Language Processing Symposium & The 17th Spoken Language Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2015-12-NLC-NL-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 制約付きThree-Way Restricted Boltzmann Machineを用いた音響・音韻・話者情報の同時モデリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simultaneous Modelling of Acoustic, Phonetic, Speaker Features Using Improved Three-Way Restricted Boltzmann Machine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声モデリング / speech modelling  
キーワード(2)(和/英) Restricted Boltzmann machine / restricted Boltzmann machine  
キーワード(3)(和/英) 話者正規化学習 / speaker-adaptive training  
キーワード(4)(和/英) 話者認識 / speaker recognition  
キーワード(5)(和/英) 声質変換 / voice conversion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中鹿 亘 / Toru Nakashika /
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝口 哲也 / Tetsuya Takiguchi /
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-02 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2015-71 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2015-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会