電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-02 16:30
Reverberation-aware Denoising autoencoderによる遠隔発話音声認識
上田雄磨静岡大)・王 龍標長岡技科大)・甲斐充彦静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 遠隔発話環境下における音声認識では,雑音や残響への対処が必要不可欠であり,これらの影響を音声特徴量のレベルで除去する方法として,Denoising autoencoder(DAE)が効果的であることが知られている.しかし,従来DAEの性能は学習データに含まれる環境や量に依存するため,学習データとテストデータの環境のミスマッチに弱いという問題点がある.本研究では,DAEの学習を行う際に残響下音声のみを入力に与えるだけでなく,Multi Step Linear Prediction(MSLP)で推定した残響を追加的に与え残響の影響を明示的に考慮した残響除去を実現することで,従来DAEの問題点の解消を目指す.``REVERB challenge''(残響下音声の音声強調と音声認識ベンチマーク)が提供する音声を用いて提案手法の評価を行った結果,従来のDAEの方法と比べて単語誤り率(WER)は人工環境において7.12%から6.41%,実環境において30.56%から26.83%までの削減を達成した. 
(英) In the distant-talking speech recognition, it is essential to deal with the noise and reverberation.Denoising autoencoder (DAE) is known to be effective as a method for removing these influences.However, conventional DAE is easily affected by mismatch between training data and test data because the performance of DAE depend on the environment or amount of data included in the training set.In this study, we also use reverberation features estimated by Multi Step Linear Prediction (MSLP) as additional to input of DAE.By explicitly considering the effects of reverberation, we solve the problems in conventional DAE-based system.We evaluate the proposed method by using the ``REVERB challenge'' (Reverberant Voice Enhancement and Recognition Benchmark) dataset.For SimData, the average Word Error Rate (WER) was reduced from 7.12% to 6.41%.For RealData, the average WER was reduced from 30.56% to 26.83%.
キーワード (和) 音声認識 / 残響除去 / denoising autoencoder / 遠隔発話音声 / / / /  
(英) speech recognition / dereverberation / denoising autoencoder / distant-talking speech / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 346, SP2015-77, pp. 55-60, 2015年12月.
資料番号 SP2015-77 
発行日 2015-11-25 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP  
開催期間 2015-12-02 - 2015-12-04 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst of Tech. 
テーマ(和) 第2回自然言語処理シンポジウム & 第17回音声言語シンポジウム 
テーマ(英) The Second Natural Language Processing Symposium & The 17th Spoken Language Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2015-12-NLC-NL-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Reverberation-aware Denoising autoencoderによる遠隔発話音声認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distant-talking speech recognition by reverberation-aware denoising autoencoder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(2)(和/英) 残響除去 / dereverberation  
キーワード(3)(和/英) denoising autoencoder / denoising autoencoder  
キーワード(4)(和/英) 遠隔発話音声 / distant-talking speech  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 雄磨 / Yuma Ueda / ウエダ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 龍標 / Longbiao Wang / オウ リュウヒョウ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲斐 充彦 / Atsuhiko Kai / カイ アツヒコ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-02 16:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2015-77 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2015-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会