電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-02 14:20
Investigation of DNN Based Distant-Talking Speech Enhancement
Zeyan OoLongbiao WangMasahiro IwahashiNUT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) In this paper, we investigate different type of DNN based distant-talking speech enhancement scheme particularly for human listening. The systems are evaluated using Reverb challenge database which contains simulated data for near field and far field speech then evaluated using real world recorded dataset.
Keywords. Speech Enhancement, Reverberation Aware Trainings, Deep Neural Networks, Distant-talking speech 
(英) In this paper, we investigate different type of DNN based distant-talking speech enhancement scheme particularly for human listening. The systems are evaluated using Reverb challenge database which contains simulated data for near field and far field speech then evaluated using real world recorded data-set.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Speech Enhancement / Reverberation Aware Training / Deep Neural Network / Distant -talking speech / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 346, SP2015-76, pp. 37-42, 2015年12月.
資料番号 SP2015-76 
発行日 2015-11-25 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP  
開催期間 2015-12-02 - 2015-12-04 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst of Tech. 
テーマ(和) 第2回自然言語処理シンポジウム & 第17回音声言語シンポジウム 
テーマ(英) The Second Natural Language Processing Symposium & The 17th Spoken Language Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2015-12-NLC-NL-SP-SLP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of DNN Based Distant-Talking Speech Enhancement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Speech Enhancement  
キーワード(2)(和/英) / Reverberation Aware Training  
キーワード(3)(和/英) / Deep Neural Network  
キーワード(4)(和/英) / Distant -talking speech  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Zeyan Oo / Zeyan Oo /
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: NUT)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 龍標 / Longbiao Wang /
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: NUT)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi /
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: NUT)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-02 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2015-76 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2015-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会