電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-26 15:00
[ポスター講演]ランダムウォークグラフカーネルの停止に関する解析
杉山麿人阪大)・Karsten BorgwardtETHZ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ランダムウォークカーネルは,一致するパスの個数に基づいて2つのグラフの類似度を測る.特によく使われている幾何ランダムウォークカーネルでは,長さ$k$のパスに重み$lambda^k$($lambda < 1$)をかけて効果を減衰させることで,対応する幾何数列の収束を保証する.しかし,長いパスほどその重みが小さくなるため,結果として長さ1のパスが効果を支配し,グラフの頂点と辺のラベル情報のみを用いた単純なカーネルと等価になってしまう.このランダムウォークの停止現象は,リンク予測の分野においても知られている.本稿では,幾何ランダムウォークカーネルにおいて,このランダムウォークの停止現象が起こりうることを理論的に示す.また,人工データとクラス分類のベンチマークで一般的に用いられている実データを用いて,この停止現象を実証する.これらの結果は,今後のグラフカーネルの発展とランダムウォークカーネルの応用において欠かせない発見である. 
(英) Random walk kernels measure graph similarity by counting matching walks in two graphs. In their most popular form of geometric random walk kernels, longer walks of length $k$ are downweighted by a factor of $lambda^k$ ($lambda < 1$) to ensure convergence of the corresponding geometric series. We know from the field of link prediction that this downweighting often leads to a phenomenon referred to as halting: Longer walks are downweighted so much that the similarity score is completely dominated by the comparison of walks of length 1. This is a na{"i}ve kernel between edges and vertices. We theoretically show that halting may occur in geometric random walk kernels. We also empirically quantify its impact in simulated datasets and popular graph classification benchmark datasets. Our findings promise to be instrumental in future graph kernel development and applications of random walk kernels.
キーワード (和) グラフカーネル / ランダムウォークカーネル / 停止 / / / / /  
(英) Graph kernel / Random walk kernel / Halting / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 323, IBISML2015-63, pp. 75-82, 2015年11月.
資料番号 IBISML2015-63 
発行日 2015-11-19 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2015-11-25 - 2015-11-27 
開催地(和) つくば国際会議場 
開催地(英) Epochal Tsukuba 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2015) 
テーマ(英) Information-Based Induction Science Workshop (IBIS2015) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2015-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダムウォークグラフカーネルの停止に関する解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Halting in Random Walk Kernels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフカーネル / Graph kernel  
キーワード(2)(和/英) ランダムウォークカーネル / Random walk kernel  
キーワード(3)(和/英) 停止 / Halting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 麿人 / Mahito Sugiyama / スギヤマ マヒト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Karsten Borgwardt / Karsten Borgwardt /
第2著者 所属(和/英) ETH Zurich (略称: ETHZ)
ETH Zurich (略称: ETHZ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-26 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2015-63 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.323 
ページ範囲 pp.75-82 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2015-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会