電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-30 10:45
入力分析に基づくコード保証方法の提案
宮林凌太渥美紀寿森崎修司山本修一郎名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソフトウェアのセキュリティに関する脆弱性は不正な入力に起因する場合が多
く,ソフトウェアを構成するモジュールの入力に対する安全性がソフトウェア
全体の安全性を考える上で重要な要素となる.
そこで本稿では,各モジュールの入力仕様に着目して保証ケースを作成し,そ
の保証ケースとコードとの対応付けを行うことによってコードの安全性を確認
する手法を提案する.また,OpenSSLの公表済みの脆弱性を対象にその入力仕様に
基づいた保証ケースとコードとの対応付けにより,脆弱性を検出可能であるこ
とを確認した. 
(英) The vulnerability of software security is often caused by invalid input.
To confirm the dependability of software, the dependability of each
input for the software modules is important.
In this paper, we propose a method to confirm the dependability of
the code that implements the module. Our approach builds assurance
cases focused on input specifications of each module, and confirms
the dependability by associating the assurance case with the
code. In addition, we associated the assurance case with the code
for OpenSSL that includes a published vulnerability. In the result,
we confirmed that our method can detect the vulnerability.
キーワード (和) コード保証方法 / 入力安全保証ケース / / / / / /  
(英) Assuring Code / Input Safety Assurance case / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 281, KBSE2015-39, pp. 17-22, 2015年10月.
資料番号 KBSE2015-39 
発行日 2015-10-22 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2015-10-29 - 2015-10-30 
開催地(和) 日本大学・理工学部・駿河台校舎 1号館 
開催地(英) Nihon Univ. (Surugadai Campus) 
テーマ(和) リスクコミュニケーションおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2015-10-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 入力分析に基づくコード保証方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Input Analysis Method for Assuring Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コード保証方法 / Assuring Code  
キーワード(2)(和/英) 入力安全保証ケース / Input Safety Assurance case  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮林 凌太 / Ryouta Miyabayashi / ミヤバヤシ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渥美 紀寿 / Noritoshi Atsumi / アツミ ノリトシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森崎 修司 / Shuji Morisaki / モリサキ シュウジ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-30 10:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2015-39 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.281 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2015-10-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会