電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-06 13:30
接頭部和計算に基づく近似文字列探索の並列化
三谷康晃伊野文彦萩原兼一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は,文字列探索の高速化を目的として,探索法の1つであるShift-Or法の並列化手法を提案する.提案手法はShift-Or法を接頭部和計算に帰着することで並列化する.接頭部和計算はワープ内のスレッドが連続領域を参照するように並列処理できるため,GPU(Graphics Processing Unit)上で効率よくShift-Or法を実現できる.本論文では,まず,2種類の2項演算を定義し,これらを用いてShift-Or法の処理を接頭部和計算に帰着するための手順を示す.さらに,接頭部和計算を並列処理するために必要となる各演算の結合性を証明する.評価実験では,セグメント分割に基づく既存手法と提案手法をGPU上で比較した.その結果,完全一致文字列探索に対して,提案手法は既存手法と比較して約1.5倍の高速化を達成した.一方,近似文字列探索に対しては,約76〜104%の性能に留まった. 
(英) In this paper, aiming at accelerating string search, we propose a parallel method for a shift-or algorithm. Our method achieves parallelization by interpreting the shift-or algorithm as computation of prefix sums. This interpretation allows the shift-or algorithm to run efficiently on a graphics processing unit (GPU), because prefix-sum computation can be parallelized so that threads in a warp can access contiguous memory region. We firstly define two binary operators to realize this interpretation. We then show a proof on the associativity of these operators needed for parallelization of prefix-sum computation. In experiments, we compared our method with a previous method based on data segmentation. As a result, for exact string matching, our method was 1.5 times faster than the previous method. However, for approximate string matching, our method resulted in 76-104% search throughput compared with the previous method.
キーワード (和) 近似文字列探索 / ビット並列アルゴリズム / 接頭部和 / Shift-Or法 / GPU / / /  
(英) approximate string matching / bit parallel algorithm / prefix sums / shift-or algorithm / GPU / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 174, CPSY2015-39, pp. 229-234, 2015年8月.
資料番号 CPSY2015-39 
発行日 2015-07-28 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-ARC  
開催期間 2015-08-04 - 2015-08-06 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府) 
開催地(英) B-Con Plaza (Beppu) 
テーマ(和) 並列/分散/協調とディペンダブルコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Parallel, Distributed and Cooperative Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-08-CPSY-DC-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 接頭部和計算に基づく近似文字列探索の並列化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parallelization of Approximate String Matching Based on Computation of Prefix Sums 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近似文字列探索 / approximate string matching  
キーワード(2)(和/英) ビット並列アルゴリズム / bit parallel algorithm  
キーワード(3)(和/英) 接頭部和 / prefix sums  
キーワード(4)(和/英) Shift-Or法 / shift-or algorithm  
キーワード(5)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 康晃 / Yasuaki Mitani / ミタニ ヤスアキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊野 文彦 / Fumihiko Ino / イノ フミヒコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 兼一 / Kenichi Hagihara /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-06 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2015-39 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.229-234 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2015-07-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会