電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-04 18:30
大規模相互結合網シミュレータのGPUを用いた高速化
鈴木裕樹横田隆史大津金光大川 猛宇都宮大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多数の計算ノードを備えた大規模並列コンピュータシステムにおいて,計算ノード間における通信を実現する相互結合網がシステムの性能を决める大きな要因の一つとなる.そのため相互結合網の性能評価が必要となるが,コスト面からソフトウェアによる性能シミュレーションが有効な手段の一つである.ソフトウェアシミュレーション
にて大規模な相互結合網の動作を模擬する場合,シミュレーションにかかる処理量が膨大であり,性能評価に多大な時間を要することが問題となる.この問題に対して本研究ではセルオートマトンを用いて相互結合網のモデル化を行い,GPU を用いて並列処理することでシミュレーション時間の短縮を目指した.GPU の性能を十分に活用した高速化を達成するために,メモリアクセス効率の改善等のGPU 向けのチューニングをシミュレータに対して施した.性能評価の結果,最大37.8 倍の速度向上を達成した. 
(英) When the large-scale parallel computing system that uses a lot of computing nodes aims at performance improvement, interconnection network that realizes communication among computing nodes is one of the key factor which affects the performance of whole system. Therefore performance evaluation of interconnection network is necessary, but the evaluation environment of network that built using actual equipment is unreal in terms of cost. Thus we think that performance simulation by software is one of the effective way. When the behavior of large-scale interconnection network is simulated by simulator, the problem is that the quantity of process is enormous and performance evaluation requires a lot of time. In this paper, we tried to reduce the simulation time by parallelization using GPU.
Since the change to simple parallelization don't elicit the enough performance of GPU, we aim at acceleration of simulation speed by tuning for GPU. For example it is the improvement of efficiency of memory access.
The result of performance evaluation, the parallelized simulator achieved the speed up ratio of maximum 37.8 times.
キーワード (和) GPU / 大規模相互結合網 / シミュレータ / チューニング / / / /  
(英) GPU / large-scale interconnection network / simulator / tuning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 174, CPSY2015-25, pp. 97-102, 2015年8月.
資料番号 CPSY2015-25 
発行日 2015-07-28 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-ARC  
開催期間 2015-08-04 - 2015-08-06 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府) 
開催地(英) B-Con Plaza (Beppu) 
テーマ(和) 並列/分散/協調とディペンダブルコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Parallel, Distributed and Cooperative Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-08-CPSY-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模相互結合網シミュレータのGPUを用いた高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of Large-scale Interconnection Network Simulator by Using GPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(2)(和/英) 大規模相互結合網 / large-scale interconnection network  
キーワード(3)(和/英) シミュレータ / simulator  
キーワード(4)(和/英) チューニング / tuning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 裕樹 / Yuki Suzuki / スズキ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 隆史 / Takashi Yokota / ヨコタ タカシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 金光 / Kanemitsu Ootsu / オオツ カネミツ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 猛 / Takeshi Ohkawa / オオカワ タケシ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-04 18:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2015-25 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2015-07-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会