電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-04-23 15:35
建物占有率を考慮した移動通信伝搬損失推定式の高精度化 ~ 住宅地,開放地対応の拡張坂上式 ~
杉田洋祐表 英毅藤井輝也ソフトバンクモバイル
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動通信における電波伝搬損失推定式として、建物高や道路幅などの都市構造パラメータを考慮して高い推定精度を有する“拡張坂上式”がある。一方、開放地などの平均建物高が極めて低い伝搬環境に対応する電波伝搬損失推定式が求められている。本稿では、従来の“拡張坂上式”において、建物占有率を考慮することにより開放地から市街地まで適用できるように拡張した“拡張坂上式”を提案する。 
(英) Extended Sakagami path loss prediction Formula, which can consider the city constructions such as building height and road width, etc., is a high accurate path loss prediction formula in mobile communications. However, this formula can’t apply to areas with extremely low average building height such as open area and residential area. In this paper, we propose the extended Sakagami path loss prediction formula that can apply to from open area to city area by considering occupying spacer ratio as a parameter.
キーワード (和) 移動通信 / 電波伝搬 / 伝搬損失 / 拡張坂上式 / 建物占有率 / / /  
(英) Mobile Communication / Radio Propagation / Propagation Loss / Extended Sakagami Path Loss Formula / Occupying Space Ratio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 12, AP2015-17, pp. 83-88, 2015年4月.
資料番号 AP2015-17 
発行日 2015-04-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-04-22 - 2015-04-23 
開催地(和) 石垣島 大濱信泉記念館 多目的ホール 
開催地(英) Ishigaki City 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-04-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 建物占有率を考慮した移動通信伝搬損失推定式の高精度化 
サブタイトル(和) 住宅地,開放地対応の拡張坂上式 
タイトル(英) High Accurate Path Loss Prediction Formula by Using Occupying Space Ratio for Mobile Radio Propagation 
サブタイトル(英) Extended Sakagami Path Loss Prediction Formula for Suburban and Rural Areas 
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile Communication  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(3)(和/英) 伝搬損失 / Propagation Loss  
キーワード(4)(和/英) 拡張坂上式 / Extended Sakagami Path Loss Formula  
キーワード(5)(和/英) 建物占有率 / Occupying Space Ratio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉田 洋祐 / Yosuke Sugita / スギタ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) ソフトバンクモバイル株式会社 (略称: ソフトバンクモバイル)
Softbank Mobile Corporation (略称: Softbank Mobile)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 英毅 / Hideki Omote / オモテ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) ソフトバンクモバイル株式会社 (略称: ソフトバンクモバイル)
Softbank Mobile Corporation (略称: Softbank Mobile)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 輝也 / Teruya Fujii / フジイ テルヤ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンクモバイル株式会社 (略称: ソフトバンクモバイル)
Softbank Mobile Corporation (略称: Softbank Mobile)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-04-23 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-17 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-04-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会