電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 11:40
VANETにおけるグループOne-Way Cross-Networksを用いた経路認証手法の検討
北山翔馬双紙正和広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車車間で構成されるネットワークは特に,VANET (Vehicular Ad-hoc NETwork)と呼ばれ,車両の事故防止や交通渋滞解消ための技術として注目されている.本論文では,車両の通信範囲を基にグループを形成し,車両間でハッシュ値を用いた移動方向を認証する手法を提案する.グループで移動経路を共有し,その情報からグループに属する車両のそれぞれの位置を知ることが可能である.共有情報はVANETにおける様々な機能への応用が可能であると考えられ,一例としてリーダー選任問題への適用を検討する. 
(英) VANET (Vehicular Ad-hoc Network) is a wireless ad hoc network which interconnects many moving vehicles along roads.
These years VANETs have attracted much attention as a method to solve such problems as traffic congestion and accidents.
In VANET, security is of critical importance and this paper proposes an approach to form vehicular groups and to authenticate the moving directions of the vehicles using sophisticated hash chains.
In addition, each vehicle of a group shares partial knowledge of the positional relationship among the vehicles of the group. In this paper, furthermore, we discuss the application of our approach to the leader election problem.
キーワード (和) セキュリティ / 認証 / VANET / / / / /  
(英) security / authentication / VANET / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-87, pp. 145-150, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-87 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VANETにおけるグループOne-Way Cross-Networksを用いた経路認証手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration for Path Authentication for VANET with Group One-Way Cross-Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(2)(和/英) 認証 / authentication  
キーワード(3)(和/英) VANET / VANET  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北山 翔馬 / Shoma Kitayama / キタヤマ ショウマ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 双紙 正和 / Masakazu Soshi /
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-87 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会