電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 10:50
WPAにおけるRC4の鍵回復攻撃に向けた新しい線形相関と解析手法
道廣大喜北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/ JST)・伊藤竜馬北陸先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) WPA におけるRC4 秘密鍵の上位3 バイトは公開情報であるIV から導出されるので攻撃者も同様に得ることができる.この秘密鍵は初期の鍵ストリーム,及び内部状態に強い相関をもたらすことが報告されており,これを用いた平文回復攻撃についてFSE2014 でSen Gupta らとPaterson ら,また内部状態復元攻撃についてSCIS2015で伊藤らによって発表された.本研究ではSen Gupta らの研究を発展させ,鍵回復攻撃において4 バイト目の秘密鍵を高い確率で推測することを許す新しい線形相関を示す.また,線形相関を組み合わせることによって任意の値のバイアスを持つことを利用する新しい解析手法を提案する. 
(英) The first three bytes of the RC4 key in WPA are derived from the public parameter IV, and also the attacker can obtain them. These keys cause the initial keystream and the permutation strong correlations. In FSE 2014, Sen Gupta et al. and Paterson et al. proposed the plaintext recovery attack using them, and Ito et al. proposed the state recovery attack using them in SCIS 2015. In this paper, motivated by the work of Sen Gupta et al., we show the new linear correlations which allow us to guess the fourth byte of the key with high probability for the key recovery attack. Further, we propose new analysis method using the combined linear correlation having bias toward the arbitrary value.
キーワード (和) RC4 / WPA / 線形相関 / 鍵回復 / / / /  
(英) RC4 / WPA / Linear Correlation / Key Recovery / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-85, pp. 133-138, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-85 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WPAにおけるRC4の鍵回復攻撃に向けた新しい線形相関と解析手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) New Linear Correlations and Analysis Method for Key Recovery Attack of RC4 in WPA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RC4 / RC4  
キーワード(2)(和/英) WPA / WPA  
キーワード(3)(和/英) 線形相関 / Linear Correlation  
キーワード(4)(和/英) 鍵回復 / Key Recovery  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 道廣 大喜 / Daiki Michihiro / ミチヒロ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 充子 / Atsuko Miyaji / ミヤジ アツコ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学/JST CREST (略称: 北陸先端大/ JST)
Japan Advanced Institute of Science and Technology/JST CREST (略称: JAIST/JST CREST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 竜馬 / Ryoma Ito / イトウ リョウマ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-85 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会