電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 14:05
A Transformation from Attribute-based Encryption to Associative Searchable Encryption by Using Hash Function
Koji TomidaNagoya Inst. of Tech.)・Hiroshi DoiIISEC)・Masami MohriGifu Univ.)・Yoshiaki ShiraishiKobe Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Combining the concept of PEKS and IBE, the Identity-Based Encryption with Keyword Search (IBEKS) has been proposed. In IBEKS scheme, trapdoors which can search a ciphertext are specified by the identity of the ciphertext like IBE. If a trapdoor satisfies the search condition specified in a ciphertext and the keyword associated with the trapdoor is equal to that of the ciphertext, then the trapdoor can search the ciphertext. In IBEKS scheme, if you want to search n different keywords with the same condition, you should make n trapdoors and query to the server n times. To reduce the computational cost of generating trapdoors of searcher and the communication cost between the server and the searcher, we propose associative keyword searchable encryption (AKSE). In AKSE, once the server receives a trapdoor from a searcher as search query, the server can generate new trapdoors with the same search condition associated with the trapdoor for different keywords and conduct search on the ciphertexts. Thus, the computational cost of generating trapdoors of searcher and the communication cost between the server and the searcher can be reduced. In this paper, we concentrate on constructing AKSE scheme. We consider that the computational cost should be low for practical use and intend to construct AKSE scheme from a cryptographic scheme which has low computational cost in a simple way. For constructing AKSE, we use key-policy attribute-based encryption (KP-ABE) scheme. We show a transformation from KP-ABE scheme into AKSE scheme and prove the security of AKSE schemes transformed from KP-ABE schemes.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Searchable encryption / Key-policy attribute-based encryption / Semantic security / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-92, pp. 175-179, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-92 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Transformation from Attribute-based Encryption to Associative Searchable Encryption by Using Hash Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Searchable encryption  
キーワード(2)(和/英) / Key-policy attribute-based encryption  
キーワード(3)(和/英) / Semantic security  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 幸嗣 / Koji Tomida /
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 洋 / Hiroshi Doi /
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛利 公美 / Masami Mohri /
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 善明 / Yoshiaki Shiraishi /
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-92 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.175-179 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会