電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 15:55
自己破壊的耐タンパーソフトウェアの試験実装と評価
大石和臣静岡理工科大)・吉田直樹・○渡邉直紀坂本純一松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自己破壊的耐タンパーソフトウェアは,改変を検出すると,改変に応じて変化
する,本来の動作とは異なる自己破壊的動作を連鎖的に発生するので,解析に
対して強い耐性を持つ.自己破壊的耐タンパーソフトウェアの作成方法を
試験的に実装した結果が最近報告され,作成の自動化の実現と,自動的に
作成された自己破壊的耐タンパーソフトウェアが正しく機能することが示された.
本稿では,その試験実装を改良した試験実装改良版について報告する.
試験実装改良版によって作成された自己破壊的耐タンパーソフトウェアについて,
偽装命令,保護領域,プログラムサイズ,実行時間に関する実験結果を示し,
定量的な評価について考察する. 
(英) Self destructive tamper resistant software (SDTRS) has strong resistance
against attacker's analysis or modification
because it generates a series of unpredictable abnormal self
destructive behaviors such as error or termination when
unauthorized analysis or modification are detected.
It was reported recently that
the creation method of SDTRS was experimentally implemented,
the automatic creation was realized, and
correct function of the created SDTRS was confirmed.
In this manuscript, an improved experimental implementation and
experimentation results are shown.
Experimentation data on camouflaged instructions, protected areas,
program sizes, and execution time with respect to the SDTRS created
by the improved experimental implementation are shown and
the quantitative analysis is discussed.
キーワード (和) 自己破壊 / タンパー応答 / 自己書換え / 自己インテグリティ検証 / 偽装命令 / / /  
(英) Self destructive / Tamper response / Self modifying / Self integrity verification / Camouflaged instructions / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-99, pp. 217-222, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-99 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己破壊的耐タンパーソフトウェアの試験実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Implementation of Self Destructive Tamper Resistant Software and Its Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己破壊 / Self destructive  
キーワード(2)(和/英) タンパー応答 / Tamper response  
キーワード(3)(和/英) 自己書換え / Self modifying  
キーワード(4)(和/英) 自己インテグリティ検証 / Self integrity verification  
キーワード(5)(和/英) 偽装命令 / Camouflaged instructions  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 和臣 / Kazuomi Oishi / オオイシ カズオミ
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直樹 / Naoki Yoshida / ヨシダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 直紀 / Naoki Watanabe / ワタナベ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 純一 / Jun'ichi Sakamoto / サカモト ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-99 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.217-222 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会