電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 14:30
マルウェア動的解析で観測される様々なDoS攻撃の可視化
森 博志吉岡克成松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,攻撃者からの指令を受けて動作するボットと呼ばれるマルウェアに感染したホスト群による大規模なサービス妨害攻撃(DoS攻撃)が問題となっている.DoS攻撃にはいくつか種類があり,送信元IPアドレスを攻撃先のものに詐称してパケットを送信することで応答パケットにより攻撃先ホストに負荷を与えるDR-DoS攻撃や,オープンリゾルバと呼ばれる任意のホストから名前解決要求を受け付けるキャッシュDNSサーバに対して,キャッシュに存在しないランダムなドメイン名の名前解決要求を大量に行うことで権威DNSサーバに対する再帰問い合わせを発生させ,当該権威DNSサーバに対して攻撃を行うDNS Water Torture攻撃などがある.これらの攻撃ではマルウェアと直接通信するホストが最終的な攻撃目標でないため通信の実態を把握することが難しい.そこで本論文ではマルウェア動的解析で得られたマルウェアによる通信を元に,DoS攻撃の対象や攻撃により通信が集中する様子を直感的に理解できる表現で可視化する手法を提案する. 
(英) Nowadays, large-scaled DoS attacks from malware, such as bots, have become a big problem. There are several types of DoS attacks. For example, DR-DoS attacks is a type of DoS attacks that send many packets to many open servers with their source IP addresses spoofed so that the reflection of the packets concentrate on the target. DNS Water Torture is also a type of DoS attacks by querying massive random domain names so that the recursive queries concentrate on the target authoritative DNS server. These attacks aim for indirect hosts, so it is hard to grasp a whole structure of the attacks. Therefore in this paper, we propose a visualization method of malware traffic observed by sandbox analysis that supports the analyst to easily grasp the target of the attacks and how packets are concentrated on the target.
キーワード (和) DoS攻撃 / マルウェア動的解析 / 可視化 / / / / /  
(英) DoS Attack / Malware Sandbox Analysis / Visualization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-90, pp. 163-168, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-90 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルウェア動的解析で観測される様々なDoS攻撃の可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of Various DoS Attacks Observed by Malware Sandbox Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DoS攻撃 / DoS Attack  
キーワード(2)(和/英) マルウェア動的解析 / Malware Sandbox Analysis  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 博志 / Hiroshi Mori / モリ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 克成 / Katsunari Yoshioka / ヨシオカ カツナリ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto /
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-90 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.163-168 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会