電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-04 10:50
ループバックアドレスが返答されるドメインの定点観測によるマルウェアの活動予測
神薗雅紀NICT/SecureBrain)・遠峰隆史津田 侑衛藤将史NICT)・星澤裕二セキュアブレイン)・井上大介NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルウェアを動的解析した際のDNSレスポンスに,ループバックアドレスが返答されるものが多数存在する.これは,プロバイダ等が不正なドメインに対し,マルウェア等の活動を抑止するための処置であることが報告されている.一方,攻撃者がマルウェアの制御等を目的としてループバックアドレスを利用し,攻撃を行う際に別のIPアドレスを登録することも推測される.そこで本稿では,マルウェアが利用するループバックアドレスが返答されるドメインを定点観測するシステムを構築し,観測結果を分析する.また,定点観測により得られたループバックアドレス以外のIPアドレスを返答するドメインを基に,当該ドメインを利用するマルウェアのアドレス変更前後での解析結果の有効性を比較,さらには新たな不正サイトや不正ドメインを導出する手法を提案する. 
(英) During malware dynamic analysis, the analysis system often finds the loopback address in responses of DNS name resolution. They are the results of a countermeasure of service providers in order to mitigate malicious activities by disabling resolution of malicious host names. Meanwhile, recent attackers control malware by applying the loopback address to deactivate them as well as applying actual IP addresses to reactivate them. This research proposes a system to observe DNS responses with the loopback address and analyses the observed responses. Additionally, by focusing on a change of the loopback address in a DNS response, this research verifies the efficiency of dynamic analysis by comparing analysis results before and after the change of the DNS response. Based on the verification, this paper considers a method which derives emerging malicious sites and FQDNs.
キーワード (和) マルウェア / 動的解析 / DNS / ループバックアドレス / / / /  
(英) Malware / Malware Dynamic Analysis / DNS / Loopback Address / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-80, pp. 103-108, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-80 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ループバックアドレスが返答されるドメインの定点観測によるマルウェアの活動予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of Malware Activities based on Loopback Address from DNS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルウェア / Malware  
キーワード(2)(和/英) 動的解析 / Malware Dynamic Analysis  
キーワード(3)(和/英) DNS / DNS  
キーワード(4)(和/英) ループバックアドレス / Loopback Address  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神薗 雅紀 / Masaki Kamizono / カミゾノ マサキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/SecureBrain (略称: NICT/SecureBrain)
National Institute of Information and Communications Technology/SecureBrain (略称: NICT/SecureBrain)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠峰 隆史 / Takashi Tomine / トオミネ タカシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 侑 / Yu Tsuda / ツダ ユウ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 衛藤 将史 / Masashi Eto / エトウ マサシ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 星澤 裕二 / Yuji Hoshizawa /
第5著者 所属(和/英) 株式会社セキュアブレイン (略称: セキュアブレイン)
Securebrain Corporation (略称: Securebrain Corporation)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 克成 / Katsunari Yoshioka / ヨシオカ カツナリ
第7著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: ynu)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto /
第8著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: ynu)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-04 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-80 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会