電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:50
マルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータによるサイバー攻撃対策技術 〜 廃棄要請プロトコル(DRP)の提案とOpenFlowを用いた実装評価 〜
江口 健長友勝太横山裕士佐野 香八槇博史上野洋一郎小林 浩東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年のサイバー攻撃はこれまでの「自分を守る」セキュリティ技術では防ぐことは難しく,「インターネット全体での取り組み」が必要である.その解決案として、サイバー攻撃パケットのインターネットへの流出及び流入を阻止するMLBルータが提案されている.そのポイントは,(1)接続要求のあった物理ポートをキーに,IPアドレスとMACアドレスの対をMLBテーブルに登録し,受信したパケットの送信元IPアドレスと送信元MACアドレスの対がMLBテーブルに存在しないとき,アドレス詐称パケットと見なして廃棄する,(2)他のノードからの廃棄要請を受けて,以後,該当するアドレス非詐称攻撃パケットや匿名アドレスパケットなどを廃棄するMLBルータを利用者出口とインターネット入口に配置することにある.本稿は,廃棄要請に関わるもので,まず世界中に散在するMLBルータの中から,攻撃パケットの廃棄を要請するMLBルータを発見し,その真正性を附した廃棄要請情報を該当するMLBルータへ送信するためのプロトコルを提案する.次いで,OpenFlowを用いて廃棄要請プロトコルの枠組みを実装したテストベットを構築し,標的型攻撃を模した攻撃実験を行った.その結果,攻撃を検知してから230ミリ秒後に,攻撃パケットのインターネットへの流入及び被害ノードからの情報漏洩パケットの流出を阻止できたことを確認した. 
(英) There is a limit to the security achieved by traditional approaches that rely on the defense of individual systems, and cooperation among Internet operators and users over the world is required. As a potential solution, the multi-layer-binding (MLB) router aims at preventing outflow and inflow of cyber-attack packets to the Internet has been proposed. It has the following key features; (1) The MLB router registers the pair of the IP and the MAC addresses into an MLB table, using the connection requested port as the key of the entry. When the router receives a packet, it searches the MLB table using the port that received the packet as the key. If the pair of source the IP and the MAC addresses does not exist, the router discards the packet regarding it as a spoofed IP packet. (2) After receiving dropping requests from other nodes, the MLB router discards the corresponding non-IP spoofed attack packets or anonymous address packets. This paper pertains to dropping request. First, we propose a protocol to discover the MLB routers that should send out dropping requests, from all MLB routers scattering around the world, and to send valid dropping request messages to the corresponding MLB routers. Next, we build a test-bed installed with a framework of the dropping request protocol by using OpenFlow, and conduct a cyber-attack experiment that mimics a targeted attack. The results show that 230 milliseconds after the attack is detected, the inflow of the attack packets into the Internet as well as the outflow of an information-leaking packets from the victim’s node was prevented.
キーワード (和) サイバー攻撃対策 / マルチレイヤ・バインディング・ルータ / MLBルータ / 廃棄要請プロトコル / OpenFlow / / /  
(英) measure for cyber-attack / multi-layer-binding router / MLB router / dropping request protocol / OpenFlow / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-65, pp. 13-18, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-65 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータによるサイバー攻撃対策技術 
サブタイトル(和) 廃棄要請プロトコル(DRP)の提案とOpenFlowを用いた実装評価 
タイトル(英) Measures to Prevent Cyber-Attack Using Multi-Layer-Binding (MLB) Router 
サブタイトル(英) A Proposal of Dropping Request Protocol, and its Implementation and Evaluation Using OpenFlow 
キーワード(1)(和/英) サイバー攻撃対策 / measure for cyber-attack  
キーワード(2)(和/英) マルチレイヤ・バインディング・ルータ / multi-layer-binding router  
キーワード(3)(和/英) MLBルータ / MLB router  
キーワード(4)(和/英) 廃棄要請プロトコル / dropping request protocol  
キーワード(5)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江口 健 / Ken Eguchi / エグチ ケン
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長友 勝太 / Shota Nagatomo / ナガトモ ショウタ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 裕士 / Yuji Yokoyama / ヨコヤマ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 香 / Kaoru Sano / サノ カオル
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 八槇 博史 / Hirofumi Yamaki / ヤマキ ヒロフミ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 洋一郎 / Yoichiro Ueno / ウエノ ヨウイチロウ
第6著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 浩 / Hiroshi Kobayashi / コバヤシ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-65 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会