電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:40
骨盤部T1強調MRIによるPET減弱補正用画像の生成
川口拓之小畠隆行佐野ひろみ吉田英治放射線医学総研)・菅 幹生千葉大)・生駒洋子山谷泰賀放射線医学総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現行のPET/MRI 統合スキャナにおけるMR 画像に基づく体幹部PET の減弱補正では、骨による放射
線減弱の影響が考慮されていない、線減弱補正に特化したMRI 撮像が必要で撮像時間が長い、という問題点がある。本研究では、診断用T1 強調MRI を基にして骨の影響を考慮した減弱補正用画像生成法を開発し、前立腺がんのPETシミュレーションで性能評価をした。提案法は組織確率密度分布の非線形レジストレーション法とガウス混合モデルを利用した領域分割法を統合したものである。提案法を用いることで従来の領域分割のみを使う方法よりもPET画像の誤差を低減できた。 
(英) The current attenuation correction method for human pelvic PET/MRI contains several problems such that the attenuation due to bone is not considered and a specific MR imaging, intended for attenuation correction only, is needed. In this study, we proposed a method to generate the distribution of attenuation correction factors with considering the bone attenuation using diagnostic T1-weighted MRI for pelvic PET/MRI scanning. The proposed method is the hybrid of the tissue segmentation based on Gaussian mixture model and the non-liner registration of tissue probability to a subject image. The simulation results showed that attenuation correction using the proposed hybrid method reduced the error on PET image than the conventional segmentation method.
キーワード (和) PET/MRI / 線減弱補正 / 骨盤部 / 領域分割 / レジストレーション / / /  
(英) PET/MRI / attenuation correction for PET / pelvic region / segmentation / registration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-99, pp. 221-226, 2015年3月.
資料番号 MI2014-99 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 骨盤部T1強調MRIによるPET減弱補正用画像の生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation of attenuation correction factor for PET from a T1-weighted pelvic MR image using hybrid-segmentation and atlas method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PET/MRI / PET/MRI  
キーワード(2)(和/英) 線減弱補正 / attenuation correction for PET  
キーワード(3)(和/英) 骨盤部 / pelvic region  
キーワード(4)(和/英) 領域分割 / segmentation  
キーワード(5)(和/英) レジストレーション / registration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 拓之 / Hiroshi Kawaguchi / カワグチ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畠 隆行 / Takayuki Obata / オバタ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 ひろみ / Hiromi Sano / サノ ヒロミ
第3著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 英治 / Eiji Yoshida / ヨシダ エイジ
第4著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 幹生 / Mikio Suga / スガ ミキオ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 生駒 洋子 / Yoko Ikoma / イコマ ヨウコ
第6著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山谷 泰賀 / Taiga Yamaya / ヤマヤ タイガ
第7著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-99 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会