電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 14:50
テストベッド連携環境を用いたネットワークセキュリティ実験の試行
榎本真俊櫨山寛章奈良先端大)・小林和真倉敷芸術科学大)・山口 英奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広域に構築されたネットワークセキュリティ検証環境では,検証機器や検証対象が設置されている場所や規模に依存せずに検証を行うことが可能である.広域にネットワークセキュリティ検証環境を構築するためには検証機器を持つ施設と検証対象がある施設をJGN-X などの広域に展開されたネットワークテストベッドで連携する必要がある.テストベッドを連携することによりこのように単一のテストベッドでは実現が困難な検証環境の構築が可能であるが,連携するためには様々な問題がある.本稿では,JGN-X と検証機器や検証対象を保有するCSS-Base6,StarBED とNICT けいはんな間でVLAN およびVPLS 網を手動で構築し,そこで得られた問題点をもとにテストベッド連携を行う場合に利用者の視点から必要な機能の洗い出しを行った. 
(英) In network security test environment constructed in wide area, we can test independent of site or scale of test suite or target.It is necesaary to federate a testbed that has test suite or target and wide area network testbed like a JGN-X.Testbed federation can test that is deffecult to in sigle testbed, however there are many trouble in testbed federation.In this paper, we construct a VLAN and VPLS network between JGN-X and CSS-Base6, StarBED and NICT Keihanna manually, and we report trouble in constructing federated environment.At last, we define a function for testbed federation in point of users view.
キーワード (和) テストベッド / テストベッド連携 / 広域ネットワークセキュリティ検証環境 / / / / /  
(英) testbed / testbed federation / Wide area network security test environment / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-67, pp. 25-29, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-67 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テストベッド連携環境を用いたネットワークセキュリティ実験の試行 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A trial of network security tests over federated testbeds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テストベッド / testbed  
キーワード(2)(和/英) テストベッド連携 / testbed federation  
キーワード(3)(和/英) 広域ネットワークセキュリティ検証環境 / Wide area network security test environment  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 真俊 / Masatoshi Enomoto / エノモト マサトシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 寛章 / Hiroaki Hazeyama / ハゼヤマ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 和真 / Kazumasa Kobayashi / コバヤシ カズマサ
第3著者 所属(和/英) 倉敷芸術科学大学 (略称: 倉敷芸術科学大)
Kurashiki University of Science and the Arts (略称: KUSA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 英 / Suguru Yamaguchi / ヤマグチ スグル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-67 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会