電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:40
カプセル内視鏡映像の病変局所構造における共起情報を用いた病変検出
井村祐満阪大)・柳川由紀子オムロン)・越後富夫阪電通大)・八木康史阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) カプセル内視鏡映像における病変検出では,人間の小腸内壁に皮膚と同様見た目の色味に個人差が存在することや,カメラ姿勢の不安定さから照明条件が常に変化するため,色情報のみによる手法では対応できないシーンが存在する.そこで,色情報のみでは病変検出が困難なシーンを対象に病変検出を行う.実際に医師が目視によって病変を診断するように,必ず病変とその周囲には何かしらの要素において差が存在する.この差に着目し,注目領域とその近傍領域の共起量を病変検出器に学習させることで病変検出を行う.学習に用いる教示データセットの構成にあたり,多種多様な形状をもつ病変を単純に網羅するには膨大な量の事例を必要とするが,病変の形状をいくつかの幾何形状の組み合わせとして扱うことで,この問題の解決を図った.本研究では,1段目に特定の幾何形状に特化した検出器,2段目にそれらの結合重みを学習させた検出器を置く2段構成の病変検出器の作成手法を提案し,病変検出性能を評価する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) カプセル内視鏡 / 機械学習 / 共起特徴量 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-109, pp. 271-276, 2015年3月.
資料番号 MI2014-109 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カプセル内視鏡映像の病変局所構造における共起情報を用いた病変検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lesion detection by using the co-occurrence information on local structures in a capsule endoscope video 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カプセル内視鏡 /  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 /  
キーワード(3)(和/英) 共起特徴量 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 祐満 / Yuma Imura / イムラ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳川 由紀子 / Yukiko Yanagawa / ヤナガワ ユキコ
第2著者 所属(和/英) オムロン株式会社 (略称: オムロン)
Omron Corporation (略称: Omron)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 越後 富夫 / Tomio Echigo / エチゴ トミオ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康史 / Yasushi Yagi / ヤギ ヤスシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-109 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.271-276 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会