電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 15:15
プラガブルかつプログラマブルなログ分析フレームワーク
津田 侑遠峰隆史神薗雅紀衛藤将史井上大介NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多種多様なセキュリティ機器から発生するログの一元管理を実現するSIEM(Security Information and Event Management)の概念ではログの分析から可視化,レポート作成まで一貫して行える利便性があり,セキュリティインシデント対応の効率化が期待できる.一方で,SIEM装置に対して分析アルゴリズムをユーザ自身で新規に実装するといった,独自の分析エンジンを構築することは困難である.たとえSIEM装置に類するものをユーザ自身で実装するとしても,多大な実装コストを要し容易ではない.そこで本稿では,多種多様なセキュリティ機器から発生するログに対して独自の分析エンジンをユーザ自身で実装し,適用できるフレームワークを提案する.本フレームワークには分析エンジンを実装するための基本的な機能が実装されている.また,本フレームワークにはプラグイン機構が備えられており,複数の分析プラグインを自由に組み合わせることで分析エンジンを実装することができる.そして,分析エンジンを記述するためのドメイン特化言語(DSL: Domain-Specific Language)が提供される.さらに,本フレームワークでは定められた規約に従うことでユーザ自身で分析プラグインを実装できるといったカスタマイズを可能にする. 
(英) SIEM (Security Information and Event Management) systems can unify a lot of security logs from various security appliances. The systems encourage users to analyze security logs, to visualize them and to create incident reports. Therefore, they enable security operators to respond to security incidents. On the other hands, the SIEM systems discourage users to implement novel algorisms for analyzing security logs because almost all SIEM systems don't have customizable features on the core. In addition, even if the users try to implement their own log-analysis engines, it will not be easy. In this paper, we propose a software framework which supports users to implement own log-analysis engines, which can analyze various security logs. Our framework has basic functions for implementing log-analysis engines. And, the engines consist of some log-analysis plugins, which are selected by users. Then, users can implement log-analysis engines written in DSL (Domain Specific Language). Furthermore, our framework is highly customizable since users can implement new log-analysis plugins by themselves with the convention for implementing plugins.
キーワード (和) サイバー攻撃対策 / ログ分析 / SIEM / / / / /  
(英) Countermeasure of Cyber Attacks / Log Analysis / SIEM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-68, pp. 31-36, 2015年3月.
資料番号 ICSS2014-68 
発行日 2015-02-24 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 名桜大学(沖縄県名護市) 
開催地(英) Meio Univiersity 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2015-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プラガブルかつプログラマブルなログ分析フレームワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Pluggable and Programmable Flamework for Analyzing Security Logs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイバー攻撃対策 / Countermeasure of Cyber Attacks  
キーワード(2)(和/英) ログ分析 / Log Analysis  
キーワード(3)(和/英) SIEM / SIEM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 侑 / Yu Tsuda / ツダ ユウ
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠峰 隆史 / Takashi Tomine / トオミネ タカシ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神薗 雅紀 / Masaki Kamizono / カミゾノ マサキ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 衛藤 将史 / Masashi Eto / エトウ マサシ
第4著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2014-68 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会