電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:40
眼底写真を用いた眼科診断支援ソフトウェアの開発
庄司直人湯浅哲也川崎有美子川崎 良山形大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 失明原因の上位に位置する加齢黄斑変性及び強度近視等の眼科疾患に対する対策として,眼底写真による眼科検診が注目されており,発症の危険の高い患者を同定し,早期発見に大きく貢献できるとされている.しかし現状では,眼底写真の判定は眼科医が目視で行う必要があり,検診を行う場合には多くの対象者の画像を判定する時間的,人的負担が危惧される.また,定量的な診断を支援する画像計測ソフトウェアが流布しておらず,それぞれの医師の主観的な診断に頼らざるを得ない.これにより,診断する医師によって診断結果に差異が生じてしまうという問題が懸念されている.特に重症化の予防のためには,発症に先立つ所見の微妙な変化,兆候を眼底画像から定量的に検出することが極めて重要である.そこで本研究では,加齢黄斑変性と強度近視について,カラー眼底写真を用いて画像計測を効率的かつ定量的に行なえる実用的なコンピュータ支援診断ソフトウェアの開発を試みた. 
(英) Inspection using fundus photograph is paid attention to for early diagnosis the eye diseases such as age-related macular degeneration (ARMD) and excessive myopia, which are high in rank of cause of blindness, because it may identify a possible patient in the early stage. However, the task to detect the lesions in a fundus photograph imposes severe burden on an ophthalmologist, since it is conducted manually one by one. Furthermore, the diagnosis largely depends on the inspector’s decision and then tends to be subjective, since the diagnosis is not quantitative. In order to overcome the above difficulties, we developed an interactive software system to support the efficient and quantitative diagnosis of an ophthalmologist with fundus photographs, especially for ARMD and excessive myopia. The system semi-automatically detects the lesions using some image processing techniques, and then measures the feature quantities to be used for diagnosis. We evaluated the efficacy of the system by comparing the results by the system with those diagnosed by ophthalmologists.
キーワード (和) 眼底写真 / 加齢黄斑変性 / 強度近視 / ドルーゼン / / / /  
(英) fundus photograph / age-related macular degeneration / excessive myopic / drusen / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-98, pp. 215-220, 2015年3月.
資料番号 MI2014-98 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼底写真を用いた眼科診断支援ソフトウェアの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interactive software system for quantitative diagnosis using fundus photograph 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼底写真 / fundus photograph  
キーワード(2)(和/英) 加齢黄斑変性 / age-related macular degeneration  
キーワード(3)(和/英) 強度近視 / excessive myopic  
キーワード(4)(和/英) ドルーゼン / drusen  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 直人 / Naoto Shoji / ショウジ ナオト
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯浅 哲也 / Tetsuya Yuasa / ユアサ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 有美子 / Yumiko Kawasaki / カワサキ ユミコ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 良 / Ryo Kawasaki / カワサキ リョウ
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-98 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.215-220 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会