電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 09:00
マルチピンホールによる蛍光X線CTの検出限界の改善
笹谷典太山形大)・砂口尚輝群馬大)・青木 大湯浅哲也山形大)・兵藤一行高エネルギー加速器研究機構)・銭谷 勉国立循環器病センター
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究グループではこれまでに,ピンホールを用いた3次元蛍光X線CTの撮像法を開発した.しかし,ピンホールを通過する蛍光X線は微量であるため投影データのS/Nが低く,生体試料の計測に必要な検出限界を達成できなかった.本研究では,マルチピンホール法を適用することによりこの問題を補償する.推定精度を上げるためのキャリブレーション方法を考案し,その有効性を物理ファントムにおいて検証する.高エネルギー加速器研究機構PF-ARのビームラインNE-7Aに構築した撮像システムで得られた投影に対して,生体試料の計測に最低限必要な0.05 mg/mlの最小検出濃度を達成できることを示した. 
(英) So far, we have developed a fluorescent x-ray computed tomography using a pinhole effect. However, since S/N of projection data is low due to insufficient fluorescent x-rays passing through a pinhole, we have not been able to reach the minimum detection limit required for measurement of biological samples. In this research, we introduced the multi-pinhole method to overcome the difficulty and devised a calibration method for precise reconstruction. We demonstrated its effectiveness using actual data which were acquired by the imaging system constructed at beamline AR-NE7A, KEK. We obtained the target detection limit of 0.05 mg/ml required for measuring biological samples.
キーワード (和) 画像再構成 / 蛍光X線 / マルチピンホール / 検出限界 / / / /  
(英) computed tomography / fluorescent x-ray / multi-pinhole / detection limit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-88, pp. 161-166, 2015年3月.
資料番号 MI2014-88 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチピンホールによる蛍光X線CTの検出限界の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Detection Limit in Fluorescent X-ray Computed Tomography due to Multi-Pinhole Effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像再構成 / computed tomography  
キーワード(2)(和/英) 蛍光X線 / fluorescent x-ray  
キーワード(3)(和/英) マルチピンホール / multi-pinhole  
キーワード(4)(和/英) 検出限界 / detection limit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹谷 典太 / Tenta Sasaya / ササヤ テンタ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 砂口 尚輝 / Naoki Sunaguchi / スナグチ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 大 / Dai Aoki / アオキ ダイ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯浅 哲也 / Tetsuya Yuasa / ユアサ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 兵藤 一行 / Kazuyuki Hyodo / ヒョウドウ カズユキ
第5著者 所属(和/英) 高エネルギー加速器研究機構 (略称: 高エネルギー加速器研究機構)
High Energy Accelerator Organization (略称: KEK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 銭谷 勉 / Tsutomu Zeniya /
第6著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター (略称: 国立循環器病センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center Research Institute (略称: NCVC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 09:00:00 
発表時間 12 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-88 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会