電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 10:58
拡散尖度MRIの雑音低減を目的とした全変動による拡散強調像の正則化
中村優記岡田洋州青山正人増谷佳孝広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 拡散尖度イメージング(DKI: Diffusion Kurtosis Imaging)は複数の強さの移動検出磁場を用いた拡散強調像(DWI: Diffusional Weighted Imaging)により水分子の拡散の正規分布に対する逸脱を尖度として画像化する手法である.DWI信号における雑音は尖度画像に黒い粒状の雑音となって表れる計算エラーを生じさせる場合がある.本研究は全変動を用いたDWIの正則化により,この計算エラーを低減することを目的とする.合成データおよび正常ボランティアの脳の臨床データによる実験により効果を確認した. 
(英) Diffusional kurtosis imaging (DKI) is an MR imaging method for quantifying non-Gaussianity of water molecule based on a set of diffusion weighted images (DWI) of several magnitude of motion probing gradient. It is observed that noise in DWI causes pepper-like noise on subsequent kurtosis images by computation error. We aimed at reduction of the computation error by using total variation (TV) regularization of the set of DW. By using a synthetic data set and a clinical brain data set of a healthy volunteer, we confirmed the effect of TV regularization.
キーワード (和) diffusion MRI / DKI / 全変動 / 雑音低減 / / / /  
(英) Diffusion MRI / DKI / total variation / denoising / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-96, pp. 205-208, 2015年3月.
資料番号 MI2014-96 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散尖度MRIの雑音低減を目的とした全変動による拡散強調像の正則化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Total variation regularization of diffusion weighted images for reducing noise of diffusional kurtosis MRI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) diffusion MRI / Diffusion MRI  
キーワード(2)(和/英) DKI / DKI  
キーワード(3)(和/英) 全変動 / total variation  
キーワード(4)(和/英) 雑音低減 / denoising  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 優記 / Yuuki Nakamura / ナカムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 洋州 / Hirokuni Okada / オカダ ヒロクニ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 正人 / Masahito Aoyama / アオヤマ マサヒト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増谷 佳孝 / Yoshitaka Masutani / マスタニ ヨシタカ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 10:58:00 
発表時間 12 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-96 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.205-208 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会