電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:40
あいまいな境界情報の入力に基づく対話的臓器領域抽出法
松本 尚富岡義樹青山正人増谷佳孝広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,3次元医用画像に対する対話的かつ半自動臓器領域抽出の一手法を提案する.本手法では,タッチパネルに表示された画像の任意断面上で臓器境界を大まかになぞることにより断片的な線状の境界情報を多数入力し,それぞれの位置の画像特徴を用いて境界点候補とその法線方向を推定し,ユーザの取捨選択等で最終的な境界点群を決定する.そして,境界点の座標および法線方向より動径基底関数を用いてボリュームデータに変換し,対象の臓器形状を再構成する.本研究では5症例の腹部CT画像の肝臓領域を対象として実験を行った.その結果,手入力によるゴールドスタンダードとの平均体積一致率は81.85%であり,本手法の有用性を確認できた. 
(英) In this paper, we propose an interactive and semi-automated organ segmentation method for 3D medical images. First, fragments of organ boundary are drawn on arbitrary section images displayed in a touch panel device. Second, true boundary points and their normal are automatically estimated based on image features, and then interactive elimination of points of estimation error is performed. Finally, by using the boundary point coordinates and normal, the target shape is reconstructed as a volumetric image based on radial basis functions. In this study, we examined the method by using 5 CT datasets for liver segmentation, and obtained an average correspondence rate of 81.85% with gold standard volume obtained by manual input.
キーワード (和) 対話的領域抽出 / 動径基底関数 / CT画像 / / / / /  
(英) interactive segmentation / radial basis functions / CT image / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-101, pp. 233-236, 2015年3月.
資料番号 MI2014-101 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) あいまいな境界情報の入力に基づく対話的臓器領域抽出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interactive organ region segmentation method based on the input of the fuzzy boundary information. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話的領域抽出 / interactive segmentation  
キーワード(2)(和/英) 動径基底関数 / radial basis functions  
キーワード(3)(和/英) CT画像 / CT image  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 尚 / Takashi Matsumoto / マツモト タカシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富岡 義樹 / Yoshiki Tomioka / トミオカ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 正人 / Masahito Aoyama / アオヤマ マサヒト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増谷 佳孝 / Yoshitaka Masutani / マスタニ ヨシタカ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-101 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.233-236 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会