電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:40
乳腺超音波画像における隣接領域間のテクスチャ変化の違いに基づく病変検出手法の検討
山﨑優大筑波大)・岩田昌也野里博和高橋栄一坂無英徳産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 乳腺超音波検診における乳がんの見落とし防止を目的として,病変を自動検出するコンピュータ診断支援(CAD)システムが開発されている.
従来の病変検出手法では,周囲より暗く描出される病変を検出対象としている.
しかし,従来手法は輪郭に着目して病変を検出するため,輪郭が不鮮明な病変の検出は困難であるという問題があった.
そこで本稿では,動画像として撮影される乳腺超音波画像において,病変部位の模様(テクスチャ)の変化が,正常な乳腺組織と異なることに着目し,テクスチャの変化の仕方が周囲と異なる部位を病変として検出する.
提案手法では,まず,任意の領域とその隣接領域からテクスチャの変化を表す特徴ベクトルを抽出する.
次に,着目領域とその隣接領域の違いを異常度として算出し,この異常度が高いものを病変として検出する.
実験では,4症例(腫瘤像3症例と非腫瘤性病変1症例)の病変に対して提案手法を適用して異常度を算出した.
その結果,病変部位における異常度は正常な乳腺と比較して高い傾向にあり,提案手法により病変の検出が可能であることを確認した. 
(英) In this paper, we propose a novel lesion detection method for breast ultrasound images.
In breast ultrasound images, the change pattern of the lesion texture is different from the breast tissue.
The proposed method detects a lesion on the basis of the difference in the change of texture in the focused region and the adjacent region.
We demonstrate lesion detection in breast ultrasound images using proposed method, and confirmed effectiveness of the method
キーワード (和) 乳腺超音波画像 / コンピュータ診断支援システム / 病変検出 / 異常検知 / / / /  
(英) Ultrasound Image / Computer Aided Detection / Lesion Detection / Abnormal Detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-111, pp. 283-288, 2015年3月.
資料番号 MI2014-111 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 乳腺超音波画像における隣接領域間のテクスチャ変化の違いに基づく病変検出手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Lesion Detection from Breast Ultrasound Images Based on Difference of Texture Change between Adjacent Regions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 乳腺超音波画像 / Ultrasound Image  
キーワード(2)(和/英) コンピュータ診断支援システム / Computer Aided Detection  
キーワード(3)(和/英) 病変検出 / Lesion Detection  
キーワード(4)(和/英) 異常検知 / Abnormal Detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 優大 / Yudai Yamazaki / ヤマザキ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 昌也 / Masaya Iwata / イワタ マサヤ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野里 博和 / Hirokazu Nosato / ノサト ヒロカズ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 栄一 / Eiichi Takahashi / タカハシ エイイチ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂無 英徳 / Hidenori Sakanashi / サカナシ ヒデノリ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-111 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.283-288 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会