電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 13:40
拡散強調画像における歪み測定用ファントムの開発とRESOLVEシーケンスの歪み測定
福山篤司岩瀬大祐礒田治夫名大)・小森芳秋丸山克也シーメンス
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究の目的は、拡散強調画像専用の測定用ファントムを開発し、Single-Shot Echo Planar Imaging(EPI)とReadout Segmentation of Long Variable Echo-trains(RESOLVE)の画像歪みを客観的に評価することである.その結果、Single-Shot EPIでの歪み率は最大で約15%、RESOLVEの歪み率は最大でも約5%であった.k-spaceをセグメント化することによる実質的な充填時間の大幅な短縮が渦電流の影響を軽減し反磁性アーチファクトが減少したため、画像歪みが改善された. 
(英) The purpose of this study is to develop a phantom for image distortion evaluation and to evaluate the image distortion in the single-shot echo planar imaging (EPI) and readout segmentation of long variable echo-trains (RESOLVE) objectively. The results show that the single-shot EPI had a maximum distortion rate of 15%, whereas RESOLVE had a distortion rate of 5%. The significant reduction in filling time on segmenting k-space alleviated the impact of eddy current and reduced the diamagnetic artifact, which reduced image distortion.
キーワード (和) MRI(Magnetic Resonance Imaging) / DWI(Diffusion Weighted Imaging) / RESOLVE(Readout Segmentation of Long Variable Echo-trains) / 画像ゆがみ / / / /  
(英) MRI(Magnetic Resonance Imaging) / DWI(Diffusion Weighted Imaging) / RESOLVE(Readout Segmentation of Long Variable Echo-trains) / Image Distortion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-72, pp. 91-95, 2015年3月.
資料番号 MI2014-72 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散強調画像における歪み測定用ファントムの開発とRESOLVEシーケンスの歪み測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of the phantom to measure the image distortion in the diffusion weighted image and distortion measurement in the RESOLVE sequence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MRI(Magnetic Resonance Imaging) / MRI(Magnetic Resonance Imaging)  
キーワード(2)(和/英) DWI(Diffusion Weighted Imaging) / DWI(Diffusion Weighted Imaging)  
キーワード(3)(和/英) RESOLVE(Readout Segmentation of Long Variable Echo-trains) / RESOLVE(Readout Segmentation of Long Variable Echo-trains)  
キーワード(4)(和/英) 画像ゆがみ / Image Distortion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福山 篤司 / Atsushi Fukuyama / フクヤマ アツシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩瀬 大祐 / Daisuke Iwase / イワセ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 礒田 治夫 / Haruo Isoda / イソダ ハルオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森 芳秋 / Yoshiaki Komori / コモリ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) シーメンス・ジャパン株式会社 (略称: シーメンス)
Siemens Japan K.K. (略称: SIEMENS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 克也 / Katsuya Maruyama / マルヤマ カツヤ
第5著者 所属(和/英) シーメンス・ジャパン株式会社 (略称: シーメンス)
Siemens Japan K.K. (略称: SIEMENS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-72 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.91-95 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会