電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 13:40
画像認知の根源的課題 〜 培養神経回路網におけるスパイク符号流図 〜
田村進一エヌビイエル)・西谷陽志阪大)・細川千絵産総研)・三好智満澤井 元阪大)・上村拓矢エヌビイエル)・八木康史阪大)・水野(松本) 由子兵庫県立大)・陳 延偉立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 知能の基本原理を解明することにより,画像認知の高度化・知能化・質的向上を図ることができる.しかしながら,神経回路網の基本機能は解明されていない.本研究では,神経回路網の基本機能として情報伝搬の仕組みの一端を明らかにする.とくに培養神経とマルチ電極を用いた情報伝搬の可視化について記す.M系列ファミリーなどランダム的符号を検出することにより,その移動量が定量化できる.また,2Dメッシュ状神経回路網モデルにより,符号スペクトルがシミュレートできることを示す. 
(英) It’s important to investigate natural intelligence how the signal/ information is flown in neuronal network. We observed spike trains produced by one-shot electrical stimulation with 8 × 8 multi-electrodes in cultured neuronal networks. Each electrode accepted spikes from several neurons. We then constructed code flow maps as movies of the electrode array to observe the code flow especially of “1101” and “1011.” To quantify the flow, we calculated the cross-correlations of the maximum direction of the codes with lengths less than 8. Normalized cross-correlations in the maximum direction were almost constant irrespective of code. Thus, the analysis suggested that the local codes for electrode flow maintained the code shape to some extent and conveyed information in the neural network. Then we made a simulation of such code flow.
キーワード (和) 培養神経回路網 / スパイク列 / マルチ電極 / 疑似ランダム系列 / 符号流図 / / /  
(英) Cultured neural network / Spike train / Multi-electrode / Pseudo-random sequence / Code flow map / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-66, pp. 67-72, 2015年3月.
資料番号 MI2014-66 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 画像認知の根源的課題 
サブタイトル(和) 培養神経回路網におけるスパイク符号流図 
タイトル(英) Root problem of image cognition 
サブタイトル(英) Spike code flow map in cultured neuronal networks 
キーワード(1)(和/英) 培養神経回路網 / Cultured neural network  
キーワード(2)(和/英) スパイク列 / Spike train  
キーワード(3)(和/英) マルチ電極 / Multi-electrode  
キーワード(4)(和/英) 疑似ランダム系列 / Pseudo-random sequence  
キーワード(5)(和/英) 符号流図 / Code flow map  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 進一 / Shinichi Tamura / タムラ シンイチ
第1著者 所属(和/英) NBL 研究所 (略称: エヌビイエル)
NBL Technovator Co., Ltd (略称: NBL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西谷 陽志 / Yoshi Nishitani / ニシタニ ヨウシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 細川 千絵 / Chie Hosokawa / ホソカワ チエ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 智満 / Tomomitsu Miyoshi / ミヨシ トモミツ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤井 元 / Hajime Sawai / サワイ ハジメ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 拓矢 / Takuya Kamimura / カミムラ タクヤ
第6著者 所属(和/英) NBL 研究所 (略称: エヌビイエル)
NBL Technovator Co., Ltd (略称: NBL)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康史 / Yasushi Yagi / ヤギ ヤスシ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野(松本) 由子 / Yuko Mizuno-Matsumoto / ミズノ-マツモト ユウコ
第8著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. Hyogo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第9著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumei Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 13:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-66 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会