電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 09:41
ハプティックデバイスを用いた人工股関節ステム三次元術前計画システムの開発 〜 ステムの皮質骨への食み出し量に基づく力覚誘導支援 〜
尾上慶次鍵山善之伊藤安海山梨大)・黒田嘉宏吉元俊輔井村誠孝大城 理阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究の目的は,三次元入出力デバイスとしてハプティックデバイスを用い,人工股関節ステムの力覚誘導支援を備えた術前計画システムの開発である.ステム操作点周囲での皮質骨への食み出し量を算出することで,ステム設置の安全危険状態の可視化支援と,食み出し量が閾値を超える領域の面積割合にもとづく力覚誘導支援を行う.実験では,被験者4名によってハプティックデバイスと従来のマウスでステム設置を実施し,専門医計画との位置誤差について評価を行った.従来のマウスによるステム操作と比較実験を行ったところ,専門医の設置位置との平均誤差はマウスが1.74mmの所,提案手法は半分以下の0.68mmとなり,誘導支援機能の有効性が確認できた. 
(英) The purpose of this study is to develop a 3D surgical planning system for stem with haptic force guidance. The haptic force feedback and visualization of safety/danger state of stem are performed based on the amount of protrusion from the boundaries of the cortical bone. In the experiments, we compared the position and operation-time differences between a mouse, a haptic device with the previously proposed method, and a haptic device with the proposed method. The average positional difference of the proposed method became the minimum, and the operation time of both of the haptic devices was less than that of the mouse. These results showed the usefulness of our method.
キーワード (和) 人工股関節手術 / コンピュータ外科 / ハプティックデバイス / 手術計画 / 力覚提示 / / /  
(英) Total Hip Replacement / Computer Aided Surgery / Haptic Device / Surgical Planning / Force Sense Presentation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-56, pp. 17-22, 2015年3月.
資料番号 MI2014-56 
発行日 2015-02-23 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英) Hotel Miyahira 
テーマ(和) 多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般 
テーマ(英) Creation of multidisciplinary computational anatomy, Forefront of medical image engineering, General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハプティックデバイスを用いた人工股関節ステム三次元術前計画システムの開発 
サブタイトル(和) ステムの皮質骨への食み出し量に基づく力覚誘導支援 
タイトル(英) Development of 3D Surgical Preoperative Planning System for Stem with Haptic Device 
サブタイトル(英) Haptic Force Guidance based on Amount of Protrusion of Stem from Boundaries of Cortical Bone 
キーワード(1)(和/英) 人工股関節手術 / Total Hip Replacement  
キーワード(2)(和/英) コンピュータ外科 / Computer Aided Surgery  
キーワード(3)(和/英) ハプティックデバイス / Haptic Device  
キーワード(4)(和/英) 手術計画 / Surgical Planning  
キーワード(5)(和/英) 力覚提示 / Force Sense Presentation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 慶次 / Keiji Onoe / オノエ ケイジ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍵山 善之 / Yoshiyuki Kagiyama / カギヤマ ヨシユキ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 安海 / Yasumi Ito / イトウ ヤスミ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 嘉宏 / Yoshihiro Kuroda / クロダ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉元 俊輔 / Shunsuke Yoshimoto / ヨシモト シュンスケ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 誠孝 / Masataka Imura / イムラ マサタカ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 理 / Osamu Oshiro / オオシロ オサム
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 09:41:00 
発表時間 12 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-56 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.482 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会