電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-19 10:55
Massive MIMOにおける円筒形アレーを用いた実環境マイクロセルでの干渉除去特性
堅岡良知西森健太郎新潟大)・トラン ゴクハオ今井哲朗NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 基地局に非常に多くのアンテナを設置することで,信号処理の負荷を低減しながら通信速度を向上させるmassive MIMOが提案されている.直線・平面アレーを用いたmassive MIMOでは,多素子化に伴う狭指向性化を利用することで,干渉除去を信号処理で積極的に行わなくても干渉の影響を大きく低減できることが知られている.著者らはこれまでに,スモールセルに対しmassive MIMO を適用する効果を明らかにしている.本報告では,基地局側受信アンテナに円筒形アレーを用い場合の,干渉除去特性を定量的に評価する.干渉ユーザが隣接セルに存在する環境を想定し,スモールセルを想定する屋外市街地における実伝搬データを用いて,垂直・水平方向の素子数に対する干渉除去特性を累積確率分布を用いて定量的に評価する.円筒形アレーを用いた場合,ビーム幅とサイドローブレベルの増大に伴い,最大比合成を用いた干渉低減効果が期待できないことを明らかにする.また,zero forcingを用いた場合に,水平面内の特性改善に寄与するアンテナを選択することが重要であることを示す. 
(英) Massive MIMO enables the improvement on the transmission rate without increasing the burden on the signal processing by employing a large number of antennas at a base station. Even if the interference cancellation techniques are not utilized, the interference signal can be mitigated thanks to a high beam resolution by the massive MIMO transmission using linear or planar array antenna. The authors have evaluated the effect by the massive MIMO in small cell environment using 2GHz band. In this report, we employ quantitative evaluation on the interference rejection when using a cylindrical array antenna at base station. The real propagation channel was measured in small cell environment in an urban area. One desired user and one interference user in adjacent cell are assumed to be located. We evaluate the characteristics of the interference rejection versus the number of elements in the vertical and horizontal plane. It is shown that a sufficient interference reduction using a maximum ratio combining cannot be obtained when using the cylindrical array. Moreover, it is shown that selection on the valid antennas in the horizontal plane for further improvement of transmission quality.
キーワード (和) massive MIMO / マイクロセル / 円筒形アレーアンテナ / 最大比合成 / zero forcing / チャネルサウンダ / 累積確率分布 /  
(英) massive MIMO / microcell / cylindrical array antenna / maximum ratio combining / zero forcing / channel sounder / cumulative probability distribution /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 450, AP2014-189, pp. 15-20, 2015年2月.
資料番号 AP2014-189 
発行日 2015-02-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-02-19 - 2015-02-20 
開催地(和) 尼崎市中小企業センター 
開催地(英) Chusho-kigyou center at Amagasaki-City 
テーマ(和) 一般、企業特集 
テーマ(英) Antennas and Propagation, Company special edition 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Massive MIMOにおける円筒形アレーを用いた実環境マイクロセルでの干渉除去特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interference reduction characteristics by circular array based massive MIMO in a real microcell environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) massive MIMO / massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) マイクロセル / microcell  
キーワード(3)(和/英) 円筒形アレーアンテナ / cylindrical array antenna  
キーワード(4)(和/英) 最大比合成 / maximum ratio combining  
キーワード(5)(和/英) zero forcing / zero forcing  
キーワード(6)(和/英) チャネルサウンダ / channel sounder  
キーワード(7)(和/英) 累積確率分布 / cumulative probability distribution  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堅岡 良知 / Ryochi Kataoka / カタオカ リョウチ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) トラン ゴクハオ / Ngochao Tran / トラン ゴクハオ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTTdocomo (略称: NTTdocomo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第4著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTTdocomo (略称: NTTdocomo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-19 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-189 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会