電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-19 14:35
[依頼講演]チャネルの時間変動に耐性のあるMU-MIMO構成の偏波共用基地局アンテナへの適用
大島一郎電気興業)・唐沢好男電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) チャネル変動に耐性のあるマルチユーザMIMOのアンテナ構成として,4素子線形アレーの場合の最適構成がすでに提案されている.本稿では,この最適構成法を偏波共用アンテナに適用した場合の基本的な検討を行っている.XPDを考慮した無指向性の偏波共用アンテナについて,アンテナ素子間の相関を導出し,素子間隔に対する平均通信路容量について数値解析を行う.XPDと通信路容量の関係を明らかにするとともに,最適な素子間隔を明らかにする. 
(英) The optimal configuration for a four- element linear array was previously proposed as an antenna array configuration for a multi-user MIMO with robustness against channel variation. In this report, we consider applying the optimal configuration method to a dual polarized antenna array. We derive a correlation coefficient between the antenna elements of the dual polarized antenna, taking into account cross polarization discrimination (XPD), and we calculate averaged channel capacities for element spacing of the antenna. Further, we investigate the relation between the channel capacity and the XPD, and the optimal element spacing of the antenna.
キーワード (和) MU-MIMO / 基地局アンテナ / 偏波共用アンテナ / 交差偏波識別度 / チャネル変動 / / /  
(英) MU-MIMO / base station antenna / dual polarized antenna / cross polarization discrimination / channel variation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 450, AP2014-195, pp. 49-53, 2015年2月.
資料番号 AP2014-195 
発行日 2015-02-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-02-19 - 2015-02-20 
開催地(和) 尼崎市中小企業センター 
開催地(英) Chusho-kigyou center at Amagasaki-City 
テーマ(和) 一般、企業特集 
テーマ(英) Antennas and Propagation, Company special edition 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) チャネルの時間変動に耐性のあるMU-MIMO構成の偏波共用基地局アンテナへの適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dual-Polarized Base Station Antenna Design for a Robust Multi-User MIMO System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MU-MIMO / MU-MIMO  
キーワード(2)(和/英) 基地局アンテナ / base station antenna  
キーワード(3)(和/英) 偏波共用アンテナ / dual polarized antenna  
キーワード(4)(和/英) 交差偏波識別度 / cross polarization discrimination  
キーワード(5)(和/英) チャネル変動 / channel variation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 一郎 / Ichiro Oshima / オオシマ イチロウ
第1著者 所属(和/英) 電気興業株式会社 (略称: 電気興業)
Denkikogyo Co., LTD. (略称: DKK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-19 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-195 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2015-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会