電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-26 17:05
Systemigramとドメインクラス図の比較
山本修一郎名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) システム分析の図式手法について,問題状況理解の観点から,システミグラム図(Systemigram)とドメインクラス図を比較する.具体的には,構成要素と関係,適用対象などを比較する.また,これらの図式の相互変換方法や複合的な利用方法について,例題に基づいて検討する. 
(英) The Systemigram and domain class diagram are compared by focusing on the problem situation understanding. These diagrams are compared by elements, relationships, and target domains. These methods can be transformed by each other, and combined together. Examples of transformation and combination are also shown.
キーワード (和) 問題状況 / 図式モデル / システミグラム図 / クラス図 / システム論 / UML / /  
(英) Problem situation / Model diagram / Systemigram / Class diagram / System theory / UML / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 420, KBSE2014-45, pp. 37-42, 2015年1月.
資料番号 KBSE2014-45 
発行日 2015-01-19 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2015-01-26 - 2015-01-27 
開催地(和) 機械振興会館 B3F-2 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2015-01-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Systemigramとドメインクラス図の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Comparison of Systemigram and Domain Class Diagram 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 問題状況 / Problem situation  
キーワード(2)(和/英) 図式モデル / Model diagram  
キーワード(3)(和/英) システミグラム図 / Systemigram  
キーワード(4)(和/英) クラス図 / Class diagram  
キーワード(5)(和/英) システム論 / System theory  
キーワード(6)(和/英) UML / UML  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-26 17:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2014-45 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.420 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2015-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会